ネットビジネス仲間から学んだこと

先日、ネットビジネスの仲間と飲み会をしてきました。

個室の居酒屋なのですが、場所は新橋。

京料理の料理人とイタリアンのシェフが創る創作料理のお店、創作料理 櫻に行って来ました。

ここは寿司ケーキっていうものがあって、これが面白かったですね。コースで3万ちょっとでしたが、日本酒をたくさん呑んだので実際は1人4万オーバーでした(笑)

会った仲間ですが、みんな月収でいうと500万オーバー、バリバリ稼いでいる人ばかりなので、こちらも非常に刺激をもらいました。

彼らと話して学んだことを、備忘録的に書いていこうと思います。

世間にはさまざまな人間がいて、年収が1000万円を超えるようなエリートビジネスパーソンや、年収300万円台の普通の人も存在するでしょう。

そういった中で、自分自身の時給を意識して働くことは大変重要なことだなと思いました。

また、これを意識して働くのは難しい課題とも言えます。

常に自分がいくら稼ぐ仕事をしているのか、客観的に考えることが大事ですね。

また、稼ぐ人はみんな読書家です。中には、自分より若い人の書籍は読まない、という人もいますが、意味がない考えだと思いますね。

学習意欲のある人は、著者の年齢なんて気にしません。若ければ、「若いのになぜ成功したんだろう?」と関心を示すわけだから、当然ですよね。

誰からも学ぶ姿勢がある人は、ずっと成長し続けていくのです。

それと、成功者は、稼ぐためだけに仕事をするのではありません。勉強するためでもあるわけです。

実は、私は以前いた会社で、会社のお金を使って営業などを実践し、勉強をさせてもらいました。それが、今では自分のビジネスに完全に活きています。 仕事場が勉強場と考える。そうすると、勉強のチャンスは飛躍的に増えるのです。

最後に、彼らから学んだ一番大きいこと。「二兎を追う者は一兎をも得ず」というのはウソということです。

「百兎を追う者は百兎を得る」という考えを持ちたいですね。

二兎は追いかけて捕まえようと考えますが、百兎は追いかけて捕まえようとは考えるのではなく、ワナを仕掛けて捕まえようとします。

それくらい強欲で、また前向きに稼ごうとすることで、お金は勝手に寄ってくるのですね。

目標には2種類あって、それは結果と行動。結果目標は自分の行動で達成できるとは決まっていませんが、行動目標は自分がやるかやらないかです。行動目標を達成したのなら、たいした結果が出なくても、まず満足しておくこと

結果も伴ったなら最高です。結果で評価せず、行動も一緒に評価していく人が、稼いでいる人だな、と思いましたね。

gazou.jpg

当サイトについて