寒いからカレーで温まってきました

木村様より正社員年収の感想文を頂きました♪


a.JPG

aa.jpg
(クリックで画像が大きくなります)
感謝の言葉がつきません♪




古い友達が先日誕生日で、食事をおごることに。

何がいい? と聞くと、カレーがいい! とのこと。

誕生日にカレーライス? とは思いましたが、彼の好物なら仕方ない(笑)

彼が選んだのは赤坂のニューオータニのホテルのカレー。

安倍総裁がゲン担ぎで食べたという高級カレーです。

そういえば以前、彼と、チラリとその話をしたことがありました。

当日、飲むつもりなのでタクシーに乗って、赤坂へ出かけました。ホテルに着いたのは午後7時頃。

最近は肌寒いし、日が落ちるのが、本当に早くなりましたね。

さて、そのカレーはレストランではなく、1階の喫茶室「SATSUKI」にあります。

さすが一流ホテル。スタッフは、予約していたこともあって、「いらっしゃいませ。お待ち申し上げておりました」と素晴らしい接客で席に案内してくれます。

お目当てのメニューは1つ!

『ポークカツカレー(フィレ) 3200円』

他に5000円クラスのコース料理もありますが、今日はこれが目当てです。

ビールでまずは乾杯! 男二人だから、こういうラフさがいいですね。

カレーが来る前に、たくあんなどが乗った薬味皿が運ばれてきました。
福神漬けはいわゆる着色料だらけの感じではなく、しっかり作られている感じがします。
食べてみたら絶品! これだけでビールが飲めます。

そしてまた3分ほど待つと、フィレカツとキャベツと白米。
カレーは別盛りになっています。

味はかなり洋風。懐かしい感じのトロミがあります。
特に辛さはないですが、カツはサクサクして、脂身は少なめながら肉はうまみ十分。

いっきに食べ終わり、食後のコーヒーを飲んで終わり。

その後は、ニューオータニ東京のガーデンタワー40階にある、「ザ・バー」へ行って来ました。

40階から眺められる夜景が素晴らしい、カウンターお勧めのバーです。
仕事で使ったこともあり、男2人でも気楽に入れるところですね。

今回は17時から20時まで限定のハッピーアワーに遭遇。ドリンク3杯で1700円(税サ別)という驚きのコスパでした(笑)

ちなみに、ニューオータニには3箇所のバーがありますが、その中でも一番眺めの良いバー、それが「ザバー(THEBAR)」。

場所はトップオブザタワーの入り口の奥にあります。

真正面に東京タワーが見えますが、こういうのは女性と見たいですね(笑)

僕はこういう場所でお酒をあまり飲まないのですが、慣れていない人でも雰囲気が良いので楽しめます。
肌寒いこの時期、美味しい料理とお酒で満足。体も心も温まります。

また何かいいことがあれば来たいですね。

104.jpg

続きを読む: 寒いからカレーで温まってきました

ネットビジネス仲間から学んだこと

先日、ネットビジネスの仲間と飲み会をしてきました。

個室の居酒屋なのですが、場所は新橋。

京料理の料理人とイタリアンのシェフが創る創作料理のお店、創作料理 櫻に行って来ました。

ここは寿司ケーキっていうものがあって、これが面白かったですね。コースで3万ちょっとでしたが、日本酒をたくさん呑んだので実際は1人4万オーバーでした(笑)

会った仲間ですが、みんな月収でいうと500万オーバー、バリバリ稼いでいる人ばかりなので、こちらも非常に刺激をもらいました。

彼らと話して学んだことを、備忘録的に書いていこうと思います。

世間にはさまざまな人間がいて、年収が1000万円を超えるようなエリートビジネスパーソンや、年収300万円台の普通の人も存在するでしょう。

そういった中で、自分自身の時給を意識して働くことは大変重要なことだなと思いました。

また、これを意識して働くのは難しい課題とも言えます。

常に自分がいくら稼ぐ仕事をしているのか、客観的に考えることが大事ですね。

また、稼ぐ人はみんな読書家です。中には、自分より若い人の書籍は読まない、という人もいますが、意味がない考えだと思いますね。

学習意欲のある人は、著者の年齢なんて気にしません。若ければ、「若いのになぜ成功したんだろう?」と関心を示すわけだから、当然ですよね。

誰からも学ぶ姿勢がある人は、ずっと成長し続けていくのです。

それと、成功者は、稼ぐためだけに仕事をするのではありません。勉強するためでもあるわけです。

実は、私は以前いた会社で、会社のお金を使って営業などを実践し、勉強をさせてもらいました。それが、今では自分のビジネスに完全に活きています。 仕事場が勉強場と考える。そうすると、勉強のチャンスは飛躍的に増えるのです。

最後に、彼らから学んだ一番大きいこと。「二兎を追う者は一兎をも得ず」というのはウソということです。

「百兎を追う者は百兎を得る」という考えを持ちたいですね。

二兎は追いかけて捕まえようと考えますが、百兎は追いかけて捕まえようとは考えるのではなく、ワナを仕掛けて捕まえようとします。

それくらい強欲で、また前向きに稼ごうとすることで、お金は勝手に寄ってくるのですね。

目標には2種類あって、それは結果と行動。結果目標は自分の行動で達成できるとは決まっていませんが、行動目標は自分がやるかやらないかです。行動目標を達成したのなら、たいした結果が出なくても、まず満足しておくこと

結果も伴ったなら最高です。結果で評価せず、行動も一緒に評価していく人が、稼いでいる人だな、と思いましたね。

gazou.jpg

続きを読む: ネットビジネス仲間から学んだこと

当サイトについて