和食で健康生活を


先週は仕事の会食ラッシュ。

ランチタイムの商談が多いので、いろんなランチに行ってます。

で、ランチで良かったところを、夜も行ってみる、という感じ。

良かったところをいくつか。

まずは西麻布 「割烹たくみ」。

閑静なところにあります。これは昔からの茶会席の流れを組む繊細な味。

海鮮丼 1250円をチョイス。マグロや白身など定番から、旬の魚介を美しく盛り込んだ丼でした。

ランチはすべてアイスコーヒー付きでゆったりできます。

ちなみに夜はコース料理が人気。だいたい予算は2万円くらい。

特注の器や会食を彩る演出があり、見るだけでも楽しい料理のコースです。

次は「割烹 松村」これは銀座です。

これも先ほどのお店と同じように、旬の魚のおいしさを味わえる、御膳や定食が人気。

先日は松村御膳 2700円をチョイス。

記憶が確かではないんですが(笑)たしか、お造り、焼魚、煮物、和牛の料理に御飯、味噌椀、デザートという感じ。

お酒込みなら1万円以上しますが、オススメです。

落ち着いた風情の割烹で一品料理も充実しているので、軽く呑みたいときもいいかもです。

ランチは「焼魚定食」(1200円)や「お刺身定食」(1300円)など。

大衆店の大戸屋の倍くらいはしますが、クオリティーは数倍あります。

最近は意識して魚中心の食事にしています。っていうのも、やっぱり太りにくいんですよね。

水中で生活する魚は変温動物。

水温でも体内の脂が固まらないようにできています。

魚よりも体温の高い人間の体内では、決して固まらない脂だから太らない。

魚の脂は、不飽和脂肪酸であるDHA・EPA・タウリンを豊富に含んでいます。こういうのを意識してランチを探すと、肉のランチは避けたくなりますね。

また、昔から言われるように、魚にはカルシウムやビタミンなど体に必要なものがいっぱい含まれています。魚は栄養バランスのとれた食べ物なんですよね。

麻布や銀座など、高級繁華街は和食のお店が多く、池袋や新宿はジャンクなお店ばかりです。

でも、体にいいのは前者です。

日本人一人当たりの魚を食べる量は年々減少してますね。

でも、欧米型の食生活を続けると、高脂質・高コレステロール!

摂取する栄養が偏りやすくなります。

魚をたくさん食べる人ほど心筋梗塞になりにくい、肥満防止につながる可能性があります。

そういう意味も含めて、もっともっと和食を増やしていきたいなと思ってますね。

ビジネスも体がやっぱり資本ですから。


110.JPG

当サイトについて