金沢で海鮮を


先日、旅行で金沢に。

実は金沢は、回転寿司店の名店が多いところ。

その数、日本全国で1位らしいです。

自分もやはり、金沢で思いつくのはやはり新鮮な海鮮。
ビジネス仲間の友達を誘っていってきました。

石川県の県庁所在地、金沢ですが、これは東京から約2時間半のところにあります。新幹線のグリーン席でのんびり乾杯。
まだ東京から金沢に行く人は少ないのか? すいてました。

あまり有名ではないようにも思えますが、実は金沢には多くの見所があります。

そして今、まさに冬場は金沢グルメの旬。美味しいものが多いので、楽しみにしていました。

港から新鮮な海の幸が届く金沢では、どこで食べてもお魚がおいしいですね。

金沢駅から、有名な近江町市場まで歩けます。

距離的には数百メートルです。15分程度。

駅前からギリギリ見えるので、タクシーで軽く行くのもいい。

もしくは、東口のバス案内板で近江町行きのバスに乗りましょう。

下車は武蔵が辻(むさしがつじ)です。近江町市場行きというバスはないのでご注意。

さっそく出かけた市場で食べたのがズワイガニ。石川県では「加能ガニ」と名付けています。

漁場が近い石川では鮮度を保ったまま水揚げできる。

味ももちろん一級品。よく締まった身が美味しかったです。

近江町市場や金沢港いきいき魚市などから、家族に宅配便で送ることができるので豪華なお土産としても嬉しいですね。

僕は母親に2万円分ほど海産物を送りました。

食欲を満たしたら、次は有名なひがし茶屋街。こちらではタイムスリップしたかのような街並みを散策。
さらに、オシャレなカフェが多く、冷えた体を暖めました。

そして楽しみにしていたのはさらにあります。

日本三名園のひとつであり、美しい自然が楽しめる金沢・兼六園。

松の幹に支柱を建て、縄で枝を釣りあげる「雪吊り」が名物となっています。

名物を見て、食欲も見たし、とても楽しい旅になりました。

冬はなかなか出不精になってしまい、あまり出かけません。

それでも夜は銀座の寿司屋にいったり、麻布で鉄板焼きと、食べることばかり...。

個人サポートのある会員制ジムに入会したので、ダイエットも頑張ろうと思っています。

会費は月4万8千円。テニスのあの有名選手やプロ野球選手も通っているそうなので、楽しみにしています。

ビジネスも遊びも、遊びが資本。

しっかり自分らしくこの冬を乗り切りますよ。

それにしても、早く暖かくならないかな。
今年は、寒すぎですね。

106.jpg

当サイトについて