レクサスの試乗

クルマを買い替えようと思い、懇意にしているラウンジに行きました。

気になるのはレクサスです。
レクサスと聞くと、「高級車」とか「ただ高い」など、そういうイメージしか持ってない人もいるでしょう。
でも、やはりい憧れですよね。

日本式のおもてなしを取り入れた販売で「ただ値段が高いだけ」と思われがちですね。
実際ネットでは、レクサス車は「割高」と揶揄されがちです。

でも、意外と知られていない魅力もありますよ。

まず、ナビはリアルタイムに自動更新してくれるっていうこと。

普通は、ナビは何年かに一度、DVDなどのメディアを使って更新しますよね。

更新には費用がかかり、国産車では数千円、輸入車では4万円くらいかかります。

ディーラーに行って車を小一時間預けなくてはならなかったりするのもダルい。

しかし、レクサスでは「G-Link」という通信サービスがあり、なんとナビは自動更新。
細かい一般道も対応していますので、新しくトンネルが開通して短縮された道なども即時反映です。

特に手続きなどは必要なく、「地図データが更新されました、地図更新ボタンを押してください」とナビが案内してくれるのを待つだけ。
地図の更新データを半年おきで待たなくても、随時更新ですので、ナビに遠回りさせられるなんてこともありません。
驚くべきことに、最近のレクサス車では、道路だけでなくお店の情報も更新されるようになりました。

また、レクサスの通信サービス「G-Link」の機能として、「オーナーズデスク」というものがあります。
車載の通信機能を使って、24時間365日、レクサス専用のオペレーターにボタンひとつで繋がります。
相手は人間なので、ちょっとワガママな注文でも丁寧に対応してくれます。
個人的にはこれがすごいと思っていますね。

例えば、「箱根でうまいステーキ屋さんにお店に行きたいんだけど」と言えば、オペレーターが探してナビに目的地設定してくれます。
運転中は通常ナビ操作ができないのが普通ですが、オーナーズデスクを使えば移動しながらでもオペレーターが目的地設定してくれます。

場所や名前があいまいでも調べてくれますし、「このへんの美味しいお店」「近くのスパ」など、ざっくりしたリクエストにもちゃんと調べてくれます。

あと、万が一、車が事故を起こしたときにもエアバッグの起動でヘルプネットが起動し、オペレーターがすぐ対応してくれます。

自分で動けない場合は、車のGPSのデータから救急車を現地へ向かわせてくれるそうです。
「レクサス車に乗っていたから助かった」、という事もありそうですね。

3年目まで半年ごとにオイルを無償で交換してくれますし、エアコンのフィルターやワイパーブレードなどは1年おきに無償交換してくれます。

レクサスは、だいたい350万円から。

安くはありませんが、レクサス以外の車でもオプションをいろいろ付けてしまうと同じくらいの価格になるし、実はお買い得かもしれません。

例えばスズキなどでは通常オプション扱いのナビやETCなども、レクサスでは標準装備ですからね。

次のクルマ、いま悩んでいるところです。

99.jpg

当サイトについて