恵比寿でじっくり語ったこと


先週末は地元の友達を誘い、お気に入りのバーへ。

ウェスティンの「THE BAR」です。

ここは前にも書いたかもしれません。仕事でもプライベートでも、よく訪れます。
大きな仕事の商談をしたところでもあり、思い入れのあるところですね。

この日はカウンター席が空いており、そこに着席。最初は、「ギムレット」を頂きました。
シロップを入れ、旨味、コクを出してます。

グリッシーニ、揚げパスタ、オリーブを摘みながら3杯ほど飲んで解散。
2時間くらいいたと思いますが、本当にいい時間でした。

旧友に合うと、いろんな話をします。

彼は教師なのですが、言葉に含蓄がある。

こんな話を聞きました。
人は死ぬ前に、自分がやらなければよかったことではなく、自分がやらなかったことを後悔するらしいです。

オーストラリアの看護師ブロニー・ウェアさんは、長年緩和ケアに従事している方。
死を間際にした患者に、どんなことを後悔しているのかを尋ね、もっとも共通した5つの後悔を紹介しています。

これは彼がとても熱く語ってくれたので、ぼくも良く覚えているのですが、ちょっとメモ代わりに書いておきますね。

1. 他人が期待する人生ではなく、自分に正直に生きればよかった。
⇒いかに自分の夢を叶えられなかったかに気づき、それを後悔するとのこと......。嫌ですね......。

2. あんなに一生懸命働かなければよかった。
⇒働きすぎて、子どもと遊ぶ時間がなかった、妻と向き合う時間がなかったことが嫌なのでしょう。
僕はその点、ネットビジネスで稼げているので幸せです。

3. 自分の感情を素直に表現すればよかった。
⇒自分を抑えた結果、平凡な存在に落ち着き、本来なれたかも知れない存在になれなかったことを後悔するとのこと。

4. 友達と連絡を絶やさずにいればよかった。
⇒死ぬ間際まで、友達を大事にしなかったことに後悔するとのこと。
うーん、これは自分には当てはまらなそう。

5. もっと自分を幸せにしてあげればよかった。
⇒これは......深すぎてよくわかりません(笑)。

これを聞いて、自分は変化を恐れず、いろんなものに取り組んで行こうとは思いました。
失敗してもいい、怖くてもいい、とりあえずもらった命は使い切ろうと思っています。
お金も時間も、すべてうまく使いたい。

ウェスティンの「THE BAR」は、じっくりモノを考えるにも適している、そんな場所です。

55.jpg

続きを読む: 恵比寿でじっくり語ったこと

新宿御苑のイタリアン

仕事の打ち合わせで出かけた新宿御苑近くのイタリアン。
意外に良かったので、シェアしますね。

カフェ ラ・ボエムというところです。

新宿御苑の広大な緑を目の前に、のんびりできます。
都会の雑踏を忘れて、ゆったりイタリアン。オシャレですね。
イタリアから直輸入したというパスタと、ピザが美味しいです。

ちなみにかなりの混雑を見せてます。
早めに行くか、予約をしたほうがいいかもしれませんね。
芸能人?もいるようで、一緒に行った友達はここで何度も役者を見ているそうです。

イタリアンてほんとにラフな料理で、あまり形式にとらわれるのもどうかと思ってます。

高級リストランテならともかく、気軽に入れるトラットリア的なお店では形式にこだわらず楽しく食事が出来れば良いですよね。
行儀が悪くない限りマナーなんぞ気にすることもないでしょう。だからイタリアンが好きです。

知ってますか? 7世紀頃のイタリアでは庶民はパスタを手で掴んで食べていたそうです。

手掴みでパスタを食べる姿が、パスタのパッケージのデザインとして用いられているという話を聞きました。

ちなみにパスタをフォークで食べるきっかけとなったのは、パスタ好きであった当時のナポリ国王フェルディナンド4世がきっかけ。
宮廷の晩餐会に自分の好きなパスタ料理を出せないか、と考えたところから始まるそうです。

大切なお客さんに自分の大好物を振る舞いたい、だからちょっとでもキレイに見せたい。
コックに命じて、もともとは料理を取り分けるために使われていたフォークを食器として使わせたそうです。
最初からそうしろよって感じですが(笑)。

新宿のこのお店も、ラフな感じで楽しいです。
店員さんも気さくですし、ほんとオススメですよ。

そういえば、全国チェーンでもあるパスタ専門店「洋麺屋・五右衛門」では割り箸が置かれてますね。
あそこも好きです。

割り箸でスパゲッティを食べるのが個性でもあるので、いわゆるありきたりな店よりは面白いですよね。

そういえば以前、ここのファンの友達に、

「イタリアではフォークを時計と反対回りにフォークを回すと不幸になる」と言われました。
これを知る前の僕は思いっきり時計と逆に回してました(笑)。

こんなの知ってしまうと気になって仕方ない性格です。
最近では時計回りで慣れちゃったのでもう安心。

また、美味しいイタリアンがあれば紹介しますね。

54.jpg

続きを読む: 新宿御苑のイタリアン

当サイトについて