宮崎旅行してきました


来月、プロ野球が開幕します。
いま、キャンプが行われていますね。

実は、野球が好きです。キャンプを見に行くくらい好きです

2013年はWBC日本代表(侍ジャパン)の合宿がサンマリンスタジアム宮崎で開催されます。
今はソフトバンクホークス・読売ジャイアンツ(巨人)・西武ライオンズ・広島カープ・ヤクルトスワローズ(ファーム)などが宮崎県でキャンプを行っていますね。

特定のチームが好きなわけではないんですが、キャンプを見に行くことにしました。

面白かったのが、巨人1軍の宮崎最終キャンプ日となる、2月11日。
この日は今シーズン初の紅白戦が行われて、宮崎でのキャンプを打ち上げました。
実戦さながらの緊張感で最高でしたよ。

インタヴューで原監督は「天候に恵まれ、思い描いたメニュー、練習はすべて消化できた」と満足そうに話していました。
今年も盤石のジャイアンツです。

宮崎市の中心部を流れる大淀川。実はここに、温泉があります。
この大淀河畔の橘公園は作家"川端康成"がその景色を讃え、小説「たまゆら」の舞台に書き下ろした場所です。

『たまゆら(玉響)』とは、古代のアクセサリー勾玉(まがたま)が互いに触れ合う時のかすかな響きのこと。
宮崎リゾート温泉「たまゆらの湯」は九州では有名な温泉で、河畔沿いのホテルで楽しむことができます。
僕もここに2泊して、のんびりしてきました。

宮崎ではグルメも堪能しました。

僕は地方の郷土料理が好きなんですよね。
宮崎は自然の恵みに満たされています。

宮崎の人は、古くから新鮮な食材を新鮮なままに食べてきたんでしょう。
生のままの料理が多かった印象です。

特に気に入ったのが「冷や汁」。
 
いかにも宮崎らしく、かつ有名な郷土料理はなんと言っても冷や汁です。
地域によって少しずつその作りかたが異なります。

宮崎で冷や汁のことが話題になるとき、それぞれ自分の出身地の冷や汁の特徴を話すのが面白いそうです。

後はやはり、東国原知事も力を入れていた「地鶏」です。

チキン南蛮が美味しい。
宮崎県下においては、レストラン、居酒屋などでごく日常的に普通に扱われている定番料理です。

肉はもともと胸肉が主流ですが、最近はもも肉やハネ身も多いようです。
もちろんタルタルソースが欠かせません。

地鶏のうまさに感動しつつ、早く春が来ないかなと夢想するのでした。

47画像.jpg

続きを読む: 宮崎旅行してきました

インドア生活を送ってます

ここ最近はどこかに出かけるというよりも、家の中でのんびりしている時間が増えました。
とにかく寒いですし、ちょっと風邪気味というのもあって、インドアの生活を送っています。

食事はデリバリーで寿司やカレーなんかを注文してます。
ちょっと太りそうな生活ですね(笑)。

買い物はほとんどアマゾンですませるようになりました。
アマゾンは本当に便利です。先日は、大きな本棚を買ってみました。5万円くらいのものですが、ほかにもいろいろ買って送料無料です。

アマゾンはとにかく商品の種類が豊富です。本を買う場合でも、あちこち本屋さんを回らなくても見つけることができます。
古くてお店に置いてないような貴重なCDやDVDも購入できますね。

私は本が好きですが、同じ作家の作品のデータベースとして見るだけでもかなり面白いです。

これからはアマゾンで購入を考えているのは、デスクトップパソコンとマットレスです。
お店で買うのもいいですが、わざわざ出かけるのが面倒だという時に.ネットは本当に便利ですね。

アマゾンは日本に法人税を払っていないという話があります。
実際に彼らは日本の法人ではないので、日本に税金を支払う必要がないらしいですね。

これは本当にゆゆしき事態だと思います。
なぜなら、アマゾンのせいでつぶれている会社が、日本中にたくさんあるからです。
アマゾンが税金を日本に払ってくれないと、日本はどんどん税収が減ってしまいますよね。
そうなると、税金が上がってしまいます。
許せません!(笑) いや、笑いごとじゃないか......。

とはいえ、アマゾンに並ぶネットショッピングは楽天しかないので、どうしてもこの二つのどちらかからわけです。
そして楽天は、メールマガジンが邪魔なので、購入を避けている人が多いようです。

これからどんな時代になるかわかりませんが、便利とはいえ、アマゾンばかりに頼っているのは良くないかもしれません。

デメリットがあるとすれば、突然商品のキャンセルがあるということくらいでしょうか。
以前、ここで洋服を買おうとしたんですが、注文してしばらくたって、在庫がないのでキャンセルしますというメールが来ました。
今ではこういうキャンセルのトラブルが少ないようですが、実際はどうなんでしょうか。


46画像.jpgのサムネイル画像

続きを読む: インドア生活を送ってます

当サイトについて