「2泊だけのグアム旅行でリフレッシュ」

どうも、ユージです。

寒さに飽きて、グアムに行ってきました。
2泊だけですが、楽しかったですよ。


僕はグアムに行くときは冬に行きます。
真冬の日本から真夏のグアムにいけるそのギャップがいい。

もともと冬が苦手で夏が好きなんですよね。


寒い成田空港を旅立ち、常夏のグアムに降り立ったときの感動!
たまらないです。


グアム旅行は3連休でも行くことができますよ。


・時差がほとんどない
・飛行機乗る時間も3~4時間
・料金も手軽


グアムと日本の時差はたったの1時間。
南国で日本との時差が一番少ない国がグアムらしいです。


サマータイムの設定もないので、時期によってさらに時間がずれることもないとのこと。

日本人に好かれるのもわかりますね。


グアムでは、とにかくダラダラしてました(笑)。

あそこは時間がゆっくり流れ、ぼーっとしていれば悩みもふっとんでしまいます。


ちょっとだけショッピングをして、観光をして、おいしい料理を食べて...
スカイダイビングやパラセイリングなどもしたかったのですが、これは時間がなかったので次の機会に

グアムに行くと不思議と気持ちもポジティブになります。


毎週水曜日の夜に開催される『チャモロビレッジ・ナイトマーケット』では、チャモロの料理と文化が見れます。
チャモロダンスなどのショーも見ることができます。
初めて見る人にとっては、かなり刺激的で面白いと思いますよ。

異文化に触れるって、本当に面白いです。


屋台はたくさんあるので、自分が好きなものをちょっとずつ食べるのがオススメです。
5~10ドルくらいですかね。


水曜日の夜はここで時間をつぶせます。グアムに行ったら絶対行くべきですね。


基本的にレンタカーが苦手なので、バスを使ってました。ニッコーホテルからチャモロビレッジまで約50分ほど

で着きます。


そうそう。グアムにはたくさんのホテルがありますが、グアムが初めての方は、タモン地区のホテルを利用したほうがいいと思います。


タモン地区にはショッピングモールや飲食店などがあり、そこから離れたホテルだと、ちょっとショッピングに行くのに手間がかかります。


友達とワイワイ騒いで遊びたいなら、コンドミニアムもお薦め。

特にいいのがオハナ・オーシャンビューですね。

本館が2ベットルームのコンドミニアムになってます。新館は普通のホテル。

フルキッチンが特徴で、バスルームも2つあります。チャモロ料理のレストランが併設されているので、料理がめんどいときも便利。


今度行った時は、もうちょっと写真を撮ってこないとですね。


次は3月に行ってきます。

22.画像.jpg

続きを読む: 「2泊だけのグアム旅行でリフレッシュ」

「旧友とひさびさ再会」

どうも、ユージです。


ちょっと仕事が忙しかったんで、遊んでる時間がありませんでした。
そんな中、地元の友達から電話。近所に来ているというので、一緒にゴハンだけ行ってきました。


仲間と何か食べるとなると、よく行くのが肉。
でも焼肉はちょっと飽きたってことで、今回はしゃぶしゃぶへ。

タクシーで六本木まで行ってきました。昔から好きな「瀬里奈 」です。


ここは神戸牛・かに料理などなど、美食が盛りだくさんの名店ですね。

階によって趣の変わる店内が特色で、いつ行っても面白い。飽きません。

しゃぶしゃぶに行くなら、最近ではここ以外はいきません。それくらいハマっています。


芸能人もよくきていますね。お笑い芸人が騒いでいるのをこの日も見ました(笑)。


仕事でも接待で使いますが、プライベートでもよく来ますね。

この日はランチ。僕は昼膳を注文しました。


この昼膳も他の場所のお膳よりも高いのですけど、ココの店の昼膳ですから安いほう。

3150円です。


中には色々な食材が入っているから、栄養のバランスは取れていると思いますよ。
肉がうまいのはもちろん、デザートとか飲み物までついてこの値段だからかなり良い。


4000円くらいですき焼きランチも食べることができます。
弁当派にするのかすき焼きを食べるのかは気分次第ですね。
友達と久々に語り合って、いい気分転換になりました。


さて...

一緒にいて心から落ち着けるような気楽に付き合える友達は、誰だってそんなにいないですよね。
でも、気楽に付き合える人が多ければ、それだけ人生も活気に満ちて毎日が楽しいものになります。

この日の友達は、気楽に付き合えるヤツでした。


仲の良い友達だからといってすべて同じ意見・同じ立場になる必要はないなと思っています。

友達が落ち込んでいたり、グチばかり言っているときなど、つい気持ちを楽にしてあげようと同調してあげてしまいがちですよね。

相手の気持ちを思いやる事は大切です。しかし、自分まで不幸に同調しないように気をつけたいですね。


あと、僕の場合は、相手が親友なら、いつも誘われるのを待っていないで、自分からどんどん誘ってます。

誘いに乗ってくれる人とはだんだんいい友達になれるし、人付き合いが楽に感じられるようになりますね。 

今後も友達と、いろんなグルメを楽しみたいと思ってます。


21.画像.jpg

続きを読む: 「旧友とひさびさ再会」

当サイトについて