寒いからカレーで温まってきました

木村様より正社員年収の感想文を頂きました♪


a.JPG

aa.jpg
(クリックで画像が大きくなります)
感謝の言葉がつきません♪




古い友達が先日誕生日で、食事をおごることに。

何がいい? と聞くと、カレーがいい! とのこと。

誕生日にカレーライス? とは思いましたが、彼の好物なら仕方ない(笑)

彼が選んだのは赤坂のニューオータニのホテルのカレー。

安倍総裁がゲン担ぎで食べたという高級カレーです。

そういえば以前、彼と、チラリとその話をしたことがありました。

当日、飲むつもりなのでタクシーに乗って、赤坂へ出かけました。ホテルに着いたのは午後7時頃。

最近は肌寒いし、日が落ちるのが、本当に早くなりましたね。

さて、そのカレーはレストランではなく、1階の喫茶室「SATSUKI」にあります。

さすが一流ホテル。スタッフは、予約していたこともあって、「いらっしゃいませ。お待ち申し上げておりました」と素晴らしい接客で席に案内してくれます。

お目当てのメニューは1つ!

『ポークカツカレー(フィレ) 3200円』

他に5000円クラスのコース料理もありますが、今日はこれが目当てです。

ビールでまずは乾杯! 男二人だから、こういうラフさがいいですね。

カレーが来る前に、たくあんなどが乗った薬味皿が運ばれてきました。
福神漬けはいわゆる着色料だらけの感じではなく、しっかり作られている感じがします。
食べてみたら絶品! これだけでビールが飲めます。

そしてまた3分ほど待つと、フィレカツとキャベツと白米。
カレーは別盛りになっています。

味はかなり洋風。懐かしい感じのトロミがあります。
特に辛さはないですが、カツはサクサクして、脂身は少なめながら肉はうまみ十分。

いっきに食べ終わり、食後のコーヒーを飲んで終わり。

その後は、ニューオータニ東京のガーデンタワー40階にある、「ザ・バー」へ行って来ました。

40階から眺められる夜景が素晴らしい、カウンターお勧めのバーです。
仕事で使ったこともあり、男2人でも気楽に入れるところですね。

今回は17時から20時まで限定のハッピーアワーに遭遇。ドリンク3杯で1700円(税サ別)という驚きのコスパでした(笑)

ちなみに、ニューオータニには3箇所のバーがありますが、その中でも一番眺めの良いバー、それが「ザバー(THEBAR)」。

場所はトップオブザタワーの入り口の奥にあります。

真正面に東京タワーが見えますが、こういうのは女性と見たいですね(笑)

僕はこういう場所でお酒をあまり飲まないのですが、慣れていない人でも雰囲気が良いので楽しめます。
肌寒いこの時期、美味しい料理とお酒で満足。体も心も温まります。

また何かいいことがあれば来たいですね。

104.jpg

続きを読む: 寒いからカレーで温まってきました

深夜の麻布で赤ワインしゃぶしゃぶ


季節は夏から秋という感じですね。

ことしは雨が多くて、まったく夏らしくありませんでした。

暑かったとは思いますが、カラっと晴れた日はほとんどなかったですね。

夏から秋、こういう時期になると、体調がかなり悪くなります。

基本的に外にいるのが好きなのですが、外出が面倒にもなりますね。

体調管理としては、まず規則正しく生活すること。深酒はしない。

寒い空間にあまり長くいないこと。体温を下げない。

こういうところがしっかり管理できていると、ビジネスとしてチャンスでも乗っかっていけると思います。

ビジネスで稼げない人は、だいたい自分の管理ができていません。

いろんな人をネットビジネスで見ましたが、稼げない人は日常の習慣がダメすぎ。

遅くまで起きてネットの動画を見てたり、夜遊びをしてたり。

遊ぶのはいいですし自分も遊びますが、メリハリですよね!!


さて、先日はビジネス仲間と六本木へ。

六本木の駅からタクシーでワンメータ。「お菜屋 わだ家 別邸」へ。

個室でのんびりできるところです。

お目当ては「ワインしゃぶしゃぶ」で、赤ワインのダシで食べるお肉です。

しゃぶしゃぶって、どうしても甘くてコッテリした食べ物というイメージですが、ここのはかなりあっさり。

ワインがしゃぶしゃぶ特有の甘辛さを中和していて、お肉の味をそのまま味わえます。

名前のとおり、ここは和田アキ子さんがプロデュースしているということで有名なお店です。

面白いのが、入口のドアノブは和田アキ子さんご本人の型から取った手があるということ。

それと、ご本人の足跡があります。

肝心の料理ですが、しゃぶしゃぶ以外の刺身などの料理もしっかりと美味しく、芸能人が自分の知名度だけでオープンした店とは全然違うんだなという印象。

春夏秋冬、料理の種類も変えているし、創作料理に近いものも多いですね。

この日は、メインに赤×黒毛和牛の組み合わせをチョイス。赤は、赤ワインとすき焼きの割り下の合わせは面白い味です。

透き通った深紅の赤が、見ていても面白いグルメ。

ダシを沸騰させることなく、お肉にゆっくりと火を通します。

ダシから上げるタイミングは、少しレア感の残る状態がベスト。

脂のある柔らかなお肉を、塩ポン酢やがんこの村の卵でいただきます

本当に美味しいので、少しで十分満足できますね。

シメは黒胡麻の生パスタを、卵の残りでつけ麺風にして食べる。これも絶品です。


深夜はバーとしても使えるお店で、覚えておいて損はないところだなと思いました。

126.jpg

続きを読む: 深夜の麻布で赤ワインしゃぶしゃぶ

ネットビジネス仲間から学んだこと

先日、ネットビジネスの仲間と飲み会をしてきました。

個室の居酒屋なのですが、場所は新橋。

京料理の料理人とイタリアンのシェフが創る創作料理のお店、創作料理 櫻に行って来ました。

ここは寿司ケーキっていうものがあって、これが面白かったですね。コースで3万ちょっとでしたが、日本酒をたくさん呑んだので実際は1人4万オーバーでした(笑)

会った仲間ですが、みんな月収でいうと500万オーバー、バリバリ稼いでいる人ばかりなので、こちらも非常に刺激をもらいました。

彼らと話して学んだことを、備忘録的に書いていこうと思います。

世間にはさまざまな人間がいて、年収が1000万円を超えるようなエリートビジネスパーソンや、年収300万円台の普通の人も存在するでしょう。

そういった中で、自分自身の時給を意識して働くことは大変重要なことだなと思いました。

また、これを意識して働くのは難しい課題とも言えます。

常に自分がいくら稼ぐ仕事をしているのか、客観的に考えることが大事ですね。

また、稼ぐ人はみんな読書家です。中には、自分より若い人の書籍は読まない、という人もいますが、意味がない考えだと思いますね。

学習意欲のある人は、著者の年齢なんて気にしません。若ければ、「若いのになぜ成功したんだろう?」と関心を示すわけだから、当然ですよね。

誰からも学ぶ姿勢がある人は、ずっと成長し続けていくのです。

それと、成功者は、稼ぐためだけに仕事をするのではありません。勉強するためでもあるわけです。

実は、私は以前いた会社で、会社のお金を使って営業などを実践し、勉強をさせてもらいました。それが、今では自分のビジネスに完全に活きています。 仕事場が勉強場と考える。そうすると、勉強のチャンスは飛躍的に増えるのです。

最後に、彼らから学んだ一番大きいこと。「二兎を追う者は一兎をも得ず」というのはウソということです。

「百兎を追う者は百兎を得る」という考えを持ちたいですね。

二兎は追いかけて捕まえようと考えますが、百兎は追いかけて捕まえようとは考えるのではなく、ワナを仕掛けて捕まえようとします。

それくらい強欲で、また前向きに稼ごうとすることで、お金は勝手に寄ってくるのですね。

目標には2種類あって、それは結果と行動。結果目標は自分の行動で達成できるとは決まっていませんが、行動目標は自分がやるかやらないかです。行動目標を達成したのなら、たいした結果が出なくても、まず満足しておくこと

結果も伴ったなら最高です。結果で評価せず、行動も一緒に評価していく人が、稼いでいる人だな、と思いましたね。

gazou.jpg

続きを読む: ネットビジネス仲間から学んだこと

沖縄でリゾート


だいぶ夏らしくなってきました。ムシムシする東京から逃げたくて、沖縄はホテル日航アリビラに出かけてきました。

ここは夏のリゾートとして最高の人気ホテルとして名前を聞いていたので、以前から泊まってみたいと思っていたんですね。

羽田から3時間、那覇空港について車で1時間ほど。

いかにもリゾートらしい植物の多い道を走ると、海の目の前にホテルが建っています。

沖縄中部・読谷村の海沿いに立ち、赤瓦屋根や中庭パティオがあるホテルです。

宿泊予約サイトの「お年玉プラン、朝食付きシンプルステイ」というプランを利用しましたが、とってもコスパがいいように思えます。

客室は最近リニューアルしたばかりという43平米のスーペリアツイン。チェックイン時に、プラス5000円で海と中庭が真正面に見える「スーペリアオーシャンパティオツイン」に変更できるとのことなので、グレードアップ。

オーシャンビューで美しいアリビラ・グローリー教会も見えました。

ロビーは一言で言うと、まさにアジア。また、アラビアンテイストな感じになっています。

日本ではないみたいですね。異国の地に来たみたいな雰囲気が広がっていました。

部屋に入ると部屋もエキゾチック。アラビアンテイストになっています。広いベッドと、広いソファーでまったりできます。

広いソファーでも寝れますし、のんびりするのはうってつけですね。

部屋からは中庭とオーシャンビューが見れ、荷物を置く場所やクローゼットもきちんとスペースがあるので、部屋を広く感じます。

ホテルの周りには、本当に何もありません。

一応、地元の人が使うようなスーパーやコンビニはあります。

部屋の目の前の海には、すぐに歩いていけます。ホテルからそのまま繋がっているので、プライベートビーチのような感じ。

ただ、隣の部屋や向かいのお部屋も、全て海に面していて、バルコニーが設置しているため、外に出ると様子が丸見えなのはびっくりでした(笑)。

バルコニーでは、寝たり酒を飲んだりするには、少々落ち着かないかもしれません。

部屋内には、大きなソファにテーブル、ゆったりとしたリゾート風の椅子が備えられています。ここで読書は本当にくつろげました。

それと、朝ごはんはとっても楽しみにしていたのですが、最高でしたね~。

フレンチトーストや蒸し野菜、オムレツが絶品。

8時を過ぎたら満席で、少し待たないと入れない状態でした。

定期的に沖縄に来て、リフレッシュしたいと思います。

124.jpg

続きを読む: 沖縄でリゾート

京橋でてんぷら

銀座で映画を見た後に、京橋の「てんぷら深町」へ。

東京・京橋の江戸前てんぷらの名店。

ここは【山の上ホテル】で34年間、研鑽を重ねてきた深町正男さんが経営するところ。

シックな店内で出てくるのは、吟味を重ねた旬の食材、江戸前スタイルのてんぷら。

太白胡麻油をブレンドした油とこだわりの天つゆ。

まさに【山の上ホテル】の味と伝統を受け継ぎ、忠実に現代で再現するものです。

この日はランチで伺いました。


今回のメインイベントはルナシーの25周年ライブ。

武道館に行く前に、グルメも楽しみたいなと。


このお店は、7000円と9000円のコースなら予約可能です。

店内は活気にあふれ、割と庶民的な雰囲気です。
カウンター席とテーブル席がありますが、今日はテーブル席に通されました。

この日は7000円コースをお願いしました。


海老、野菜、ご飯、赤出汁、香の物、デザートの構成。
9000円コースはご飯が天茶or天丼もしくは天バラに変わるようですね。


嬉しいのが、天つゆ、塩、大根おろし、レモン、チリメンジャコなどがあること。
飽きずに楽しめます。


デザートはりんごシャーベット。皮も混ざっているので香りがすごいです。

しっかり最後までグルメを堪能しました。

グルメを楽しめると、その日一日が、とてもすばらしい一日だと思えるようになりますよね。

あまり大食というわけではないのですが、いろんなところでグルメに詳しくなってしまいます。

特に銀座は、昔からの名店が多く、思い出も多いので、ついつい足を運んでしまう。

終わってから、楽しみにしていた武道館へ! 実は邦楽ロックが大好きなのです。

360度客席が埋め尽くされた絶景の中、5月29日にLUNA SEAの結成記念公演<LUNA SEA The Anniversary 2017 5.29 日本武道館>が開催です!

開演予定の18時30分を過ぎると大歓声が沸き起こり、ついにメンバーがステージに登場。

再生可能エネルギーによる水素燃料電池車を用いた世界初のコンサートらしいです。


ヒット曲や人気曲だけでなく、マニアックなものがあって面白かったですね。会場の一体感は、DVDでは味わえないものですし、普段のストレスがいっきに消えてしまいます。何度来てもいいですね。
次のコンサートも楽しみです。絶対来たいので、ヤフオクで買ってでもチケットを手に入れたいところ(笑)


フジテレビNEXTで放送もあり、帰ってからその録画でお酒を一杯。幸せな一日になりました。

123.jpg

続きを読む: 京橋でてんぷら

高級住宅街の寿司屋

友達と渋谷で朝まで飲んで、午後に起きてさてどうするか。

ひさびさに代々木上原に行き、寿司「久遠」に。

安部総理も来たと言う名店です。

うわさによると、はなれもあって、そこは政財界のVIPも足をはこんでいるとか。なかなかのブランドがありますね。

ここは友人が常連だけに、店主も好みを知っているのか、次から次へとつまみが出てくるのです。

どれもそこそこ美味しいし、ネタがいいからおなかにたまらない。

寿司も酢飯も好みで、お店の雰囲気も心地よい。お客さんのほとんどが近くに住んでいるんじゃないでしょうか。

10席もない店内は予約必須。

近所に住む方がたまに利用するお店と言うのが印象。

一人10000円以下なら普段使いの寿司屋に入るでしょうが、ここはいつも2万円くらいいってしまいます。

まあ、代々木上原に住む人は、お財布に余裕がある人ばかりでしょう。

代々木上原とは、東京都渋谷区の西部にある一地区です。

現在の地名でいうと、概ね上原一丁目~三丁目の他に、元代々木町・西原一丁目~三丁目・大山町の一部を含めたあたり。

旧代々木村に所属し、その中央部から西部の部分ですね。

上原とは代々木村から見て高台の平坦地だから「上の原」と呼ばれたそうです。

かつて、「徳川山」という東京都内有数の高級住宅街ができて、これが高級住宅街のきっかけとなったそうな。

代々木上原駅周辺、かなりの高級住宅街ですが、以前は原っぱだったそうです。

代々木上原駅は、千代田線の始発駅。住みたい街として人気があり、「住みたい街ランキング」などでも、ランキングが上がってきているところ。

環境の良さなどの人気とは裏腹に、都心では希少な低層住宅地域で、家が少ないのです。

分譲ばかり、億を超えるマンションもあり、憧れのひとつですね。

さて、久遠のおまかせコースはつまみ10品、握り10品という構成です。

つまみと握りが交互に出てくるのが、食いしん坊にはたまらないスタイル。

これには、寿司だけでなく酒を楽しみながら食べ進めるようにという、お店のスタイルがあります

のんべえを喜ばせるつまみは、刺身や炙りなど旬のネタにひと手間かけたものや、手の込んだ練り物など、20種類以上。

ここは店主自身も日本酒好きらしいですね。

寿司にあう、しっかりした日本酒が揃っています。

ただ、ワインは白のみ2種類。ワイン好きはワインレストランに行くべきですね。

ただ、持ち込みを歓迎するなど、ファンにはありがたい心の広さも。

ほろよいで電車に乗り込みました。

122.JPG

続きを読む: 高級住宅街の寿司屋

名古屋のシティホテル、マリオットアソシアホテルに宿泊

名古屋の友達が結婚するというので、結婚式に出席してきました。

宿泊したのは、マリオットアソシアホテル。ここは名古屋駅に直結する地上52階のハイクラスホテルです。
国内最高級のサービスとくつろげる空間があり、いつも泊まっています。
インバウンドの需要もあり、インターナショナルなシティホテルですね。

ビジネスなどで、平日の利用客が多くリターンユーザーが多いのも特徴。
各国からのビジネスマンから、満足度が高いことの証拠です。

名古屋マリオットアソシアホテルは、楽天トラベルとじゃらん共に評価4点以上ついています。
こんなホテルはなかなかありません。

また、実際に泊まってみると点数以上に満足できます。
いろんな口コミサイトで、評判以上の高級ホテルで納得するほどのサービスを感じられますね。

名古屋マリオットアソシアホテルで上質なサービスを求めるなら、35階から37階、47階、48階、49階のコンシェルジュフロアに宿泊すべきです。

コンシェルジュフロアでは、朝食、ティータイム、カクテルタイムが楽しめる専用ラウンジがあります。

また、フィットネスクラブが利用無料になるので、よくここで運動をしていますね。

今回宿泊したのは35階のコンシェルジュフロアの部屋です。

一人で泊まったのですが、マリオットアソシアにはシングルルームがありませんので、ダブルルームを利用することになります。

各部屋には日本茶・紅茶・コーヒー、ポット、セーフティーボックスなどなどが置いてあります。

設備品は、テレビ、電話、空気清浄機はもちろん完備。

各種ソフトドリンク類をはじめ、ビールやお酒・チューハイなどのアルコール類、菓子類・おつまみなどがありますが、コンビニで買うよりもちろん割高(笑)

また、なんといってもこのホテルは、部屋から見える景色が最高です。

名古屋マリオットアソシアホテルは全ての客室が地上20階以上!

景色が抜群に素晴らしいのですが、オススメは夜の景色。

デートや記念日などにここを多く利用する人が多いようですね。

客室は東西南北にありますが、個人的には西側のJR線路側がオススメ。ここは電車が行きかう景色が見えるんです。

こんな感じで最高のホテルですが、あえて文句をいうなら、デスク上の備品類が多すぎること。

パソコンを持って仕事していましたが、ある程度は片づけてから作業しなければならないのが面倒ですね。

ただ、それ以外は、従業員の気配りとサービスも一級品で、今後も名古屋の宿泊にはぜひ利用したいホテルです。

121.JPG

続きを読む: 名古屋のシティホテル、マリオットアソシアホテルに宿泊

ユージが5000万円稼いだ話

5年前からはじめたこちらの副業

最近あらためて収入を集計し直しました。

最低でも年収1000万円ありました。

トータル5000万円稼いでいます。

ネットビジネスも軌道にのり、人生が大きく変わりました。

といっても自分の場合、旅行とグルメだけ。

お金がたまって仕方がないです(笑)

このブログの内容もほとんどがその2点だけです(笑)

付き合っていただいてありがとうございます。

そんなことをかんじながら、ふと思い立って、山梨の温泉に行ってきました。
まだ寒いですが、温泉はいいですね。
寒い季節を楽しめます。

夜、ディナーは肉がいいという連れの意見で、向町パイパスにあるレストラン。「ベルマリン」に行ってきました。

ここは併設されたチャペルがあり、結婚式にも使われているようですね。

実は自分は、ここの店には3年くらい前から接待やデートで使っています。

和牛のステーキのコース。ワインとあわせて2万円くらい。

その価値は十分にありますね。

ここの肉は、ワインを作るブドウを食べて育った牛らしく?柔らかくて お口の中で美味しさがあふれます。

また、サラダもオススメ。

シャッキリした野菜にオリジナルのドレッシングが凄く美味しく、テイクアウトしたいほど。満足した一日でした。ただ、店員はいつもキビキビしすぎというか、なんだか見ていて疲れます。もっとゆっくり動いて欲しいですね。

ところで、甲斐の国、といえば「武田信玄公」の名は欠かせませんね。

騎馬軍団を率いて広大に領土を拡げ、戦国時代最強の武将と評されています。

山梨にはその史跡が残され、戦国時代に浸るにはぴったりの土地柄でしょう。

産業の振興や治水事業に力を注ぎ、いまの山梨からはその働きぶりを見てとることができます。


山梨に来るたびに行くのが、甲斐善光寺です。

信州の善光寺を比べると、穴場なイメージがあります。

ここには、手を叩くと、天井に描かれた龍が反響する「鳴き龍」があります。静かな建物で、信州善光寺と同じく戒壇巡りもできます。

そして山梨といえば、やはり静岡に見える富士山の眺めです。

富士山を間近で見られる場所といえば、静岡県と山梨県ですが、自分は山梨県からの眺めが好きです。

山や湖の多い山梨県と、海側に位置する静岡県では、かなり違った景観を楽しめるものなのですね。


今回は、山梨県から見た富士山の絶景スポットを調査。やまなし観光推進機構に聞きました。

もっとも好きなのが、天下茶屋から見る富士山です。ここは1938(昭和13)年には、太宰治が滞在して執筆活動をした茶屋。

ここからは、富士山と河口湖の眺望を楽しめます。撮影は通年可能で、カメラが好きな人には特にオススメ。

昔から「霊峰」として、神さまが宿っていると信じられてきた富士山でしすが、近くで見ると本当にその雰囲気を感じます。富士山の景観を見れば、昔の人々と同じように、厳格な自分になれそうです。

美味しいグルメと景色を楽しみ、ストレス解消もできました。

120.JPG

続きを読む: ユージが5000万円稼いだ話

新橋から銀座へ


だいぶ暖かくなってきましたね。

先週は、地元の友達と新橋へ買い物。

家電量販店でハードディスクとウォークマンを買いました。

NW-WM1Zという機種です。30万弱するのですが、評判がいいので。

前はウォークマン「NW-ZX2」を購入し、今年まで使ってきました。

これは後継機というわけではないのですが、どうしても気になってしまい。

レビューをみても欲しくはならなかったのですが、ソニーストアで視聴したら最高で、買ってしまいました。

中身はシンプル。

あけてみると


・NW-WM1Z
・ストラップ
・USBケーブル
・DOCK保護キャップ(スペア)
・取扱説明書
・保証書


DOCK保護キャップにスペア。

ジャック保護のキャップが装着されているのもよかった。

公式サイトには動画再生は非対応と書かれています。

でも取扱説明書を読むと、動画再生はできないのですが、動画を入れた場合も音声のみを再生!

使い勝手はよさそうです。

microSDは128GBまで対応していますので、内部ストレージと合わせて384GBは十分。

オーディオ用のmicroSDなどもあります。

30万円のオーディオなので、なくさないようにしないと(笑)

買い物のあとは「すきやばし次郎」へ。

映画になってから警備員が立つようになりました。

銀座の数寄屋橋交差点そばの古いビルの地下1階にある店。

中身はシンプルそのもので、カウンター席とテーブル席それぞれ数席ずつ。

次郎は刺身やてんぷらなど小料理などはなく、いきなりすしから始まるのが特徴です。

すしは全部で20カンあったかな?

お腹がいっぱいになる量のコースが一通りあります。

後は、単品注文するという流れです。

会計は現金払いのみ(笑)。

この時代に珍しいですね。

新規客に職人から話しかけることはほぼない、緊張感があります。

滞在時間はにぎり始めて約15分。

握って食べて握って食べて、と忙しいです。

会計は3万を超えるのですが、その価値は、うーん。

ちなみに予約をキャンセルすると、電話で怒られるといううわさが。

一般的な店とは異なり、客にとってはその店ですしを食べること自体がステータスですからね。

店が客を選ぶことになるわけです。

だからこそ客は高額な料金を惜しげもなく払う。

次郎の常連客は、政財界や芸能界が多いようです。

何か"特別な場所"としか言いようがないみたいですね。

オバマ大統領も気に入ったようで、「人生の中で一番おいしい」と語っていたそう。

まあ、味は確かな店でした。


119.jpg

続きを読む: 新橋から銀座へ

恵比寿のフレンチ


クリスマスということで、お世話になっているビジネス仲間を連れてディナーへ。

恵比寿のジョエル・ロブションに行ってきました。

後輩が年収3000万という目標を突破し、そのお祝いで自分がおごることに(笑)

せっかくいくなら、ミシュラン・ガイドに載っている三ツ星レストランにしようかと。

ジョエル・ロブションに行くのは、ものすごく久しぶりというか、4年ぶりくらい?

前の会社で働いていたときに、本社から来た数人でランチをする会みたいなのが催されたときだったような。

ジョエル・ロブションは恵比寿ガーデンプレイスの中央にある、城館の2階にあるお店。

ここは、ジョエル・ロブション氏という人が作ったもの。

フランスの数々の文化勲章を受賞してきた人物です。

史上最年少でミシュラン・ガイドの三ツ星を獲得し、その後も出店するレストランが次々と評価!

世界11ヶ国でレストランを経営し、ミシュラン・ガイドの星の数は世界一らしいです。

とんでもない人ですね(笑)

これまでずっとミシュランで三ツ星を獲得し続け、日本のレストランの中では三ツ星レストランの中の三ツ星レストランですよね。

ここ、ワインを含めると1人頭5万円はします。

なんと白のグラスワインは1杯5000円くらいです。

銀座のすきやばし次郎で1人3万円ぐらいですから、いかに高いかわかりますよね。

今回、お願いしたのは、名物のキャビア・ロブション・スタイル。キャビアの缶をお皿に見立てて、下に甲殻類のジュレを敷き詰め、上に高級キャビアを乗せた料理。

ここはお皿がいっぱい出てきて、一皿の量がすごく少ない。

とにかく数も多いので、メニューを書くのはやめておきます。

最高の料理のオンパレードでした。

ちなみに、優秀なフレンチのお店のポイントは、オーナーがシェフを信頼して、仕入れからその日のメニューまで全ての権限を与えること。

おそらくジョエル・ロブションはそれとは違います。

シェフが自分で市場に行ったりして、最高の食材をどこからどう仕入れるのかを常に考えるっていうのは無理だと思います。

そもそも、ジョエル・ロブションの名前を前面に出すために、現場のシェフの名前は聞こえてきません。

現場にいって、実際に味を試してみると、このお店のすばらしさがわかると思います。

しかし今年もいろんなところにいきました。

お金たくさん使いました(笑)

でも、まだまだ足りません。

人生を楽しむには時間が足りない。

来年も死ぬほど稼いで、経験地を高めていきたいと思っています。


118.jpg

続きを読む: 恵比寿のフレンチ

仙台で牛タン

古い友人がピアニストをしていて、仙台で公演があるというので、旅行がてら鑑賞しにいきました。

いわゆるクラシックのコンサートですね。

クラシックコンサートに行ってみたいけれど、敷居が高いイメージがあり、ためらっている方も多いと思います。

初心者の人が行くなら、最初はオーケストラが一番です。

ピアノだけのコンサートに比べて楽器も多いですし、飽きずに聴ける。

演奏時間も短め(笑)。

ちなみにコンサート情報は「音楽之友社コンサート・ガイド」などのサイトでチェックしてます。

友達が頑張っている姿を見るのは、本当にいいですね。

なんというか、自分も頑張ろうという気持ちになれます。

ビジネスは幸い自分は順調ですが、時にはうまくいかないこともあります。

苦手なことをやらなければいけないこともある。

でも、友達が頑張っていると思うと、踏ん張る気持ちが湧いてきます。

どうせ何をやっても、全部うまくいくということはないし。

ここぞというところに踏ん張れるかどうかで、ビジネスの成功って決まるんじゃないかなと思いますね。

ピアニストの友達は、子どもの頃から練習ばかりしていて、本当に尊敬できます。

学生のときに、一度心が折れてしまいそうになったみたいですが、何年もかけてコンクールに応募して、それでプロになったんですね。

そういう頑張りを見ていたからこそ、自分も頑張らないとって本当に思います。

さて、コンサートが終わったら、仙台のグルメ。

王道ですが、牛たん炭焼き「利久」に行ってきました。ここは来るたび毎回お世話になってますね。仙台駅前の店が一番です。

肉厚で弾力がありながら、それでいてサクサク噛める食感がたまらない。

牛タンの人気店で、宮城県内には県内に20店舗以上くらいありますね。

全国にも店舗があるので、レア感は減ったかな...。

宿泊は「秋保温泉 ホテル瑞鳳」。

ここは何度来ても素晴らしいと思います。今回は和洋室の部屋。

広々としていて、浴室も新しく、また洗面台が二つ並んでいて大人数でも使いやすい。

全体的に細かい所に気配りが行き届いていて、宿のプライドを感じましたね~。

食事はどの料理も美味しく、種類の多さにはいつも感動。

瑞鳳はシーズン毎にバイキングをやっているのが有名。

いまは和牛ステーキと海鮮食べ放題という企画だったかな?

ドリンクバーもついていて、長くのんびり食事ができるところです。

仙台に行ったら、ほとんどここしか泊まりたくないくらい、ファンになってますね。

今度は春に来て、お花見をしようかななんて思ってます。

116.jpg

続きを読む: 仙台で牛タン

初台ですき焼き

新宿で映画を見た後に、友達がオススメしてくれたお店へ。

初台の老舗時計店が手掛けるお店、「松阪牛 よし田」です。

オペラシティ53階というロケーションで、大きな窓にはスカイツリーも東京タワーも見えます。

見晴らしの良いところは気持ちいいですね。

洋風サロン風の部屋、鉄板席、個室風の席もあります。

店内スタッフはイヤホンマイクで連絡を取り合い、スマートに動き回っています。

ランチなら2000円程度で食べれるようですが、やはり高級店は夜に来ないと意味がないですね。

土曜の20時ちょっとすぎに来て、人気というステーキのコースを、と思いましたが急にすき焼きにしたくなり...。

鉄板焼きスペースも魅力的ででしたが、この日はすき焼きをチョイスしました。

先付、お造りをいただきメインのすき焼き。

お店によっては分厚い肉のこともありますが、ここはかなり薄めで、しゃぶしゃぶ用のような薄さ。

熱したお鍋でさっと焼き割り下を入れます。

かなり甘みが強い「関東風」の割り下なので好みが分かれるんじゃないかな。

サシの入ったお肉は、口に入れるととろける!

もちろん、肉追加してしまいましたよ。

すき焼きが食べられるようになったのは、実は江戸時代。

そもそも日本では、昔から肉を食べることは悪いものだとされてたみたいですね。

肉になる牛や馬などは労働力のひとつなので、食べるのはダメってこと。

そのため公には肉を食べることはありませんでした。

諸説ありますが、農民が休憩の合間に農具の鋤の部分を鍋として野菜や魚を食べたのが鋤焼き=すき焼きの起源とのこと。

幕末になると、日本で初めてすき焼き屋が京都にできました。

牛肉入りのすき焼きは食べられることは少なかったですが、明治に入り明治天皇が牛肉を食べたことで、牛肉を食べることも一つの文化になったんですね。

明治天皇が牛肉を食べたことで、文明開化の日本では一気にすき焼きがブームに。

いまこうして新宿でうまい肉を食べてみると、文明開化は偉大だ!と思いますね(笑)

牛肉の美味しさに、多くの人が魅了されたことが、当時の本や舞台なんかでよく出てきます。

そういえば、すき焼きに生タマゴをつけるようになった理由って意外に知られてません。

これもいくつか理由があるんですが、そもそもすき焼きが熱いということです。

鍋で煮込むので熱いので、舌を火傷しないように、生タマゴに一度つけて冷ましたい、というのが理由ですね。

アツい肉をつけて、白くなってきたタマゴと一緒の食べるのが最高です。

115.jpg

続きを読む: 初台ですき焼き

麻布で鉄板焼き♪

ヒルズで仕事の打ち合わせがあり、それから仲間と食事。

週末ということで、混んでいる六本木はやめて、麻布にタクシーで移動しました。

この日は大正ロマンをコンセプトにしている楼漫亭です。

完全個室が魅力。市場や農家から直接仕入れした、新鮮な食材を焼いてくれます。

場所は麻布十番駅からほど近く、六本木ヒルズからも歩こうと思えば行けます。

レトロな内装に、ラグジュアリーな雰囲気がいいですね。

目の前で焼いてもらえるカウンター席とテーブル席があります。

今回はテーブル席でした。

連れの方がコースで注文してくれました。

海鮮系のサラダから始まり、お酒のおつまみに生ハム。

シャンパンは呑み放題!

泡のスッキリ感が最高のところへ、ホタテをご飯と一緒に海苔で巻いてものをほおばる。

それからもアワビやフォアグラなど、これぞ鉄板焼きというものがたくさん出てきます。

メインのお肉はミディアムレアでいただきました。

デザートのメロンは残してしまいました(笑)

ところで、麻布十番商店街は、実は300年以上の歴史のある商店街です。

麻布山善福寺の門前町、古くは馬市や馬場もあり、大名の下屋敷や家臣の住まいもあったところ。

大火で拡大する江戸の町。改修工事の十番目の工区が麻布十番の名の由来とのこと。

商業の集積場としての役割を果たしていたそうです。

もともと地下鉄が開通するまで、公共交通といえばバスだけという街でしたよね。

世田谷に似ていて、「陸の孤島」なる言い方もあった麻布十番ですが、最近はいっきに変わりました。

レトロなたたずまいは残しつつ、見上げると高層ビルがたくさんあります。

2003年の六本木ヒルズオープン。ヒルズ内を横切るけやき坂を下れば、すぐに麻布十番商店街ですが、歩く人も変わった印象です。

住む層も、遊びに来る層も、どんどん広がっている街ですね。

そういえば、夏に開かれる麻布十番納涼祭りはスゴイですよね。

40回を越すこのイベントは港区では最大の夏祭り。

8月後半の金、土、日の3日間に行われ、身動きできないほどの混雑。

盆踊りも何もないですが、とにかく麻布は飲食店がすごい。

日本だけでなく、世界から人が集まってくるので、蕎麦屋さん、寿司屋さん、韓国料理屋さん、タイ料理などあれこれ。

全国レベルの有名店も多いってわけ。

当然、屋台のお店も、ただのテキ屋だけじゃなく、いろんな有名店がお店を出しています。

歩いていても、世界各国の人が目につく街なので、毎年面白い発見があります。

何度でも通いたくなるところですね。

114.jpgのサムネイル画像

続きを読む: 麻布で鉄板焼き♪

池袋でうなぎを


だんだん暑くなってきました。

バテ気味ということもあり、元気をつけるためにうなぎを食べに行こうということに。

出かけたのは豊島区の名店「かぶと」です。

うなぎの名店かぶとですが、ここは3年ぶりの訪問。

天然はまだ早いか?と思っていましたが、この日は天然ものが手に入ったとのことで、焼いてもらいました。

オーナーの方?は変わっていて、とても若い人になっていました。

昔はかたぎなジイサンという感じでしたが...。

接客はとても明るく、心地よく、楽しい時間を過ごせました。

肝心の味ですが、やはり100点満点。

うなぎ好きならこの店のことを知らない人はいない、そんな店です。

なかなか予約の取れないこの店、知り合いの社長に取ってもらいました。

現在予約しても平日なら半年待ち、土曜日ならば1年近く待つ、という人気。

ここのうなぎは蒸すのではなく焼き。

天然鰻が味わえることでも有名。

実は僕は、年に1回も鰻を食べない。

そんな自分が行ってもいいものだろうか? と思ってしまいます(笑)

まあ鰻を知らないからこそ、素直にその味を楽しんでみようじゃないか、というところ。

ふっくらした身と、深みのある味わいのタレが絶品でした。

ちなみにここは、つい前で生きている鰻を目の前でさばいてくれます。

フルコースでいろんなオカズをいただきつつ、最後にはご飯に贅沢に乗せて楽しむもの。

極楽を味わいました。

金額は1人10000円ほど。

高くないと思います。

そういえば、食べ物で精力がつくというのは本当でしょうか?

精力がつく食べ物といえばウナギ、ニラ、ニンニク。

元気がない時にこういうものを食べると、本当に元気が湧いてくる気がしますよね。

疲労回復という視点で考えるのならば、ビタミンA、ビタミンBを豊富に含む食材が大事。

ウナギやニラなどは効果があるはず。

ただ、調べてみたところ。実は「これを食べれば精力が上がる」と栄養学的に認められている食品はないそうです。

精力増強に効果のある食品としてウナギを思い出しますが、男性ホルモンのバランスを整える食べ物としては、根菜類が一番らしいです。

うなぎは疲労回復には役立つものの、ウナギで精力がつくというのは俗説らしいとのこと。

男性の精力は日頃の生活習慣と関係しています。

生活が乱れて栄養バランスが悪かったり、運動する習慣がないなど、ダラダラしていると自然と精力も減退してしまいます。

バランスよく栄養の摂れる食生活や、適度の運動を心がけないとダメなんですね。

栄養バランスがパーフェクトな食材や食品なんてないので、いろんなモノを食べて、この夏を乗り切ろうと思います。

111.JPG

続きを読む: 池袋でうなぎを

和食で健康生活を


先週は仕事の会食ラッシュ。

ランチタイムの商談が多いので、いろんなランチに行ってます。

で、ランチで良かったところを、夜も行ってみる、という感じ。

良かったところをいくつか。

まずは西麻布 「割烹たくみ」。

閑静なところにあります。これは昔からの茶会席の流れを組む繊細な味。

海鮮丼 1250円をチョイス。マグロや白身など定番から、旬の魚介を美しく盛り込んだ丼でした。

ランチはすべてアイスコーヒー付きでゆったりできます。

ちなみに夜はコース料理が人気。だいたい予算は2万円くらい。

特注の器や会食を彩る演出があり、見るだけでも楽しい料理のコースです。

次は「割烹 松村」これは銀座です。

これも先ほどのお店と同じように、旬の魚のおいしさを味わえる、御膳や定食が人気。

先日は松村御膳 2700円をチョイス。

記憶が確かではないんですが(笑)たしか、お造り、焼魚、煮物、和牛の料理に御飯、味噌椀、デザートという感じ。

お酒込みなら1万円以上しますが、オススメです。

落ち着いた風情の割烹で一品料理も充実しているので、軽く呑みたいときもいいかもです。

ランチは「焼魚定食」(1200円)や「お刺身定食」(1300円)など。

大衆店の大戸屋の倍くらいはしますが、クオリティーは数倍あります。

最近は意識して魚中心の食事にしています。っていうのも、やっぱり太りにくいんですよね。

水中で生活する魚は変温動物。

水温でも体内の脂が固まらないようにできています。

魚よりも体温の高い人間の体内では、決して固まらない脂だから太らない。

魚の脂は、不飽和脂肪酸であるDHA・EPA・タウリンを豊富に含んでいます。こういうのを意識してランチを探すと、肉のランチは避けたくなりますね。

また、昔から言われるように、魚にはカルシウムやビタミンなど体に必要なものがいっぱい含まれています。魚は栄養バランスのとれた食べ物なんですよね。

麻布や銀座など、高級繁華街は和食のお店が多く、池袋や新宿はジャンクなお店ばかりです。

でも、体にいいのは前者です。

日本人一人当たりの魚を食べる量は年々減少してますね。

でも、欧米型の食生活を続けると、高脂質・高コレステロール!

摂取する栄養が偏りやすくなります。

魚をたくさん食べる人ほど心筋梗塞になりにくい、肥満防止につながる可能性があります。

そういう意味も含めて、もっともっと和食を増やしていきたいなと思ってますね。

ビジネスも体がやっぱり資本ですから。


110.JPG

続きを読む: 和食で健康生活を

名古屋旅行いってきました

ナゴヤドームでコンサートがあり、遊びに行ってきました。
海外のアーティストでしたが、まずまず楽しめました。
音響はイマイチかな。ドームはコンサートに向いていないですね。

さて、友達に誘われて出かけたのが昼の新幹線。
夜、少し急でしたが、現地のネットビジネス仲間と食事へ。
出かけたのは料亭「つたも」です。

ここは1913年から続く名古屋でも指折りの料亭です。
話に聞いていましたが行くのは初めて。

名古屋市登録地域建造物資産の建物は、同敷地内の井戸から水を引いた池のある庭つき!
鯉が泳ぐ姿を眺めながら食事をするところ。

この季節の季節の食材を使った会席料理です。

平成25年度愛知県優秀技能者として表彰された実力を持つ料理長が、腕を振るっています。

個室は掘りごたつ他、全8室。
この日は座敷でした。

接待や会食、結納に使う人が多いみたいですね。

この日のお品書き

10200円/2人
ミニ会席 百寿 3,500円
胡麻豆腐に蓮根、烏賊と蟹のつみれ
鯛と鮪のお造り
鱈のすり身に南瓜の餡の蒸しもの
鱈の焼き魚を胡麻で包んで
伊勢長芋の揚げ出し
ご飯とお味噌汁に香の物
柚ゼリー
追加でコーヒー
その他ドリンクといった感じ。

誰もが知る通り、名古屋を含む愛知県は、1兆円企業トヨタのお膝元。
この日、接待で使っている人もたくさんいました。
とってもいい店だったのでまた行きたいと思います。

ところで名古屋の街は、道路が広くてとても運転しやすいですね。

トヨタとその傘下の企業がたくさんの税金を払ってくれているので、道路の整備がやりやすいとのこと。
大企業があるだけで、自治体の財政状況は良くなるんですね~。


名古屋という街は、日本でいちばん地下街が発達している街。
聞く話によると、1日に100万人以上の人々が利用するとのこと。

特に名古屋駅は、地下街が迷路のように入り組んでいるのも特徴。

慣れない人は、気が付いたら同じ筋を何度も行ったり来たりしていた、なんてこともあります。

コメダなど有名な喫茶店や老舗の甘味処からファストフード店、服、バッグ、アクセサリー、雑貨、金券ショップ、ドラッグストアなど、たいていのものは地下街で買えます。

この旅行では一泊したんですが、朝はモーニングセットを食べる人で満席です。

東京の高速道路が曲がりくねっているのは、土地買収の必要のない川や江戸城の堀の上や下に敷いたから。

陶磁は急造で工事をしたらしく、直角に曲がるようなカーブが多くありますよね。

両側に切り立った塀があるところは元々は江戸城の堀、右へ左へとカーブをしているところは川の上でした。
地域によっての道路の特性、面白いですね。


109.jpg

続きを読む: 名古屋旅行いってきました

すき焼きめぐり


まだまだ底冷えするこの時期。

暖かさを求めて選んだのは千代田区の「いし橋」です。

といっても実は予約は1ヶ月間に完了。

友達がぜひ行ってみたいというので、準備しておきました。ここはお肉が好きな人なら誰もが知る、超人気店なんです。

創業明治5年の老舗店。レトロな佇まいと歴史のある看板が目印です。

店内もボロいという感じはなく、クラシックさを感じる懐かしい日本家屋。

ここは肉屋直営から始まったお店で、クオリティーに似合わずコスパは最高。

新鮮な肉を軽くお湯を通すだけで食べる、伝統的なすき焼き料理です。

2015年のミシュランガイドにも掲載され、そこで見たので覚えていました。

すき焼きも全て仲居さんがやってくれて、個室でゆっくりと過ごせます。

すき焼きのメニューはコースのみで、ロースか霜降りかをチョイス。

この日はロースにしました。

お通し2品、すき焼き、〆のおじやだけのシンプルなコース。

人気店なので、混んでいる時期の予約は1カ月先まで埋まっているそうです。

日本伝統の人気料理はやっぱり美味いですね。


この日の興奮が忘れられず、なんと2日連続ですき焼きに行ってしまいました(笑)

ホテルニューオータニの中にあるお店、岡半です。

ここも人気のお店なので直前だと予約が取れないこともしばしば。

今回はついてましたね。

お通しから始まり、厳選された最高級の松阪牛に野菜などを仲居さんが焼いてくれます。

ここもまた老舗の風格があり、ゆったり落ち着きます。

松坂牛は証明書付きのものを提供してくれるので、絶対美味しいお肉が食べられます。

この日はお通し、すきやき、御飯、赤出し、香の物、デザートの松阪牛コース18,000円。

ワインと日本酒で、会計は一人34,000くらいでした。

東京で松阪牛を食べれるお店って、そんなにたくさんありません。

また寒い時期に来たいと思いますね。

ちなみにすき焼きの語源は、もともと江戸時代にあります。

農夫達が農具の鋤〔すきの金属部分を鉄板の代わりにして魚や豆腐を焼いて食べたことから「鋤焼〔すきやき〕」と呼ばれるようになったと。

本当かな~と思いますが、薄く切った肉を意味する「剥身〔すきみ〕」から「剥き焼き」となったとする説もあり、僕はこっちが正しいと思っています。

「すき焼き」とはもともと関西地方での呼び名。東京では「牛鍋」と呼ばれていましたが、現在では一般的に「すき焼き」ってことになりましたよね。

名店をめぐって、古いウンチクを思い出していました。

108.jpg

続きを読む: すき焼きめぐり

金沢で海鮮を


先日、旅行で金沢に。

実は金沢は、回転寿司店の名店が多いところ。

その数、日本全国で1位らしいです。

自分もやはり、金沢で思いつくのはやはり新鮮な海鮮。
ビジネス仲間の友達を誘っていってきました。

石川県の県庁所在地、金沢ですが、これは東京から約2時間半のところにあります。新幹線のグリーン席でのんびり乾杯。
まだ東京から金沢に行く人は少ないのか? すいてました。

あまり有名ではないようにも思えますが、実は金沢には多くの見所があります。

そして今、まさに冬場は金沢グルメの旬。美味しいものが多いので、楽しみにしていました。

港から新鮮な海の幸が届く金沢では、どこで食べてもお魚がおいしいですね。

金沢駅から、有名な近江町市場まで歩けます。

距離的には数百メートルです。15分程度。

駅前からギリギリ見えるので、タクシーで軽く行くのもいい。

もしくは、東口のバス案内板で近江町行きのバスに乗りましょう。

下車は武蔵が辻(むさしがつじ)です。近江町市場行きというバスはないのでご注意。

さっそく出かけた市場で食べたのがズワイガニ。石川県では「加能ガニ」と名付けています。

漁場が近い石川では鮮度を保ったまま水揚げできる。

味ももちろん一級品。よく締まった身が美味しかったです。

近江町市場や金沢港いきいき魚市などから、家族に宅配便で送ることができるので豪華なお土産としても嬉しいですね。

僕は母親に2万円分ほど海産物を送りました。

食欲を満たしたら、次は有名なひがし茶屋街。こちらではタイムスリップしたかのような街並みを散策。
さらに、オシャレなカフェが多く、冷えた体を暖めました。

そして楽しみにしていたのはさらにあります。

日本三名園のひとつであり、美しい自然が楽しめる金沢・兼六園。

松の幹に支柱を建て、縄で枝を釣りあげる「雪吊り」が名物となっています。

名物を見て、食欲も見たし、とても楽しい旅になりました。

冬はなかなか出不精になってしまい、あまり出かけません。

それでも夜は銀座の寿司屋にいったり、麻布で鉄板焼きと、食べることばかり...。

個人サポートのある会員制ジムに入会したので、ダイエットも頑張ろうと思っています。

会費は月4万8千円。テニスのあの有名選手やプロ野球選手も通っているそうなので、楽しみにしています。

ビジネスも遊びも、遊びが資本。

しっかり自分らしくこの冬を乗り切りますよ。

それにしても、早く暖かくならないかな。
今年は、寒すぎですね。

106.jpg

続きを読む: 金沢で海鮮を

大阪リッツカールトン

107.jpg友達と大阪旅行に行ってきました。

JR大阪駅桜橋から南西へ徒歩7分ほどいくと、いきなりきれいなホテルが見えます。

高級ブティック街を抜けた先ですが、とても閑静な雰囲気

ここは「リッツ流おもてなし」のさきがけ。

派手さというよりは、荘厳な感じで、存在感を誇っているホテルです。

行ったことはないですが、ヨーロッパのお城を思わせる。贅を尽くした内装。

日本から抜け出て、どこか外国に来たような感じが味わえます。

これが、リピーターの絶えない理由なんでしょうね。

今回はホテルに電話をして、JCBのゴールド限定ホテルプランというものを利用。

金曜日なので、クラブフロアの宿泊で9万ほどでした。

リッツカールトンは、クラブラウンジのサービスを売り物にしていますので、もちろんクラブフロアを選択。

宿泊者は、スポーツジムやプールは無料で利用できるので、それも楽しみに予約したわけです。

プールは25mのレーンが2本と遊ぶエリアが2レーン分。

端っこの25mレーンは会員専用のレーンなので、この日は混雑していて入れませんでした。

どんな人が会員になっているのか、大阪の富裕層を見てみたい気もします。

プールの隣にはジャグジーもあって、ゴージャスな雰囲気。

リッツでは特に年齢制限なく、ジャグジーに入れるので、小学生もいましたね。

さて、ここの従業員は、「顧客をもてなす従業員こそ紳士・淑女たれ」などの独特の価値観があります。

今回の旅行で見た感じ、新人スタッフが大勢いる感じがしました。

それでも、クラブラウンジのスタッフは全体的にホテルサービスに慣れた感じがあり、ストレスを感じることなく、滞在を楽しむことができました。

ホテルの設備も非常にきれいで、快適です。

いいホテルに泊まると、なんだか癒されるだけではなく、「これからもっと仕事を頑張ろう!」っていう気持ちになりますね。

いつもこういうところに泊まれるように、世の中に役立つ仕事をしたいと思います。

ホテルのフロントでは、最後に手書きのメッセージと粗品をいただきました。

加湿器の調子が悪かったということで、そのお詫びのメッセージでした。

こういうところも、また来たいと思わせる理由の一つですね。

ホテルの周りには飲食店がたくさんありますが、今回はほとんどホテル内の食事を選びました。

特にシェフが焼いてくれる卵焼きは最高です。

こういうシェフがいつもわが家にいてくれたらなあと、ふと思ってしまいました(笑)。

続きを読む: 大阪リッツカールトン

景気づけに焼肉


11月も半ば。
ちょっとした体調の悪さと、寒さをしのぐために入った焼肉屋は「叙々苑」でした。
言わずと知れた、超有名焼き肉店です。

高級店ですが、実はランチは比較的リーズナブル。
友達と一緒に、それぞれ焼肉ランチとカルビ切落しランチをいただきました。


焼肉ランチのお肉(国産牛)は、夜なら2000円以上はするはず。
カルビの切落しがやわらかくて美味しい。

脂ノリノリでとろけます。

また、ここはタレも美味しくて、硬く炊いているご飯が進みますね

ちなみにランチにはキムチ・サラダ・ナムル・ライス・スープ。
ドリンクにちょっとしたスイーツがつきます。

個人的に好きなのはわかめスープ。
キムチも美味しいし、特にサラダのドレッシングなんて高級レストランそのもの。

肉だけではなくどれをとっても質が高いです。

ランチタイムは、店内は若い女性でいっぱい。
なんだか華やかです。

あと、焼肉っていえば、深夜、経営者、芸能人が連想されます。
忙しい人には、焼肉がとってもいいんです。

牛肉には、たんぱく質、脂質、鉄分が多く含まれている栄養価の高い食べ物ですから。

お肉のたんぱく質は、冬にありがたい栄養。

風邪を引かないように、抵抗力をつけてくれるんです。
特に経営者など、スタミナが必要な人は、焼肉が食べたくなるんでしょう。

カルビ、タン、ロースばかりでなく、レバー、ミノ、ハツ、ホルモンなども食べるようにしています。

というのも、これらは内臓肉と言われ、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、鉄分、亜鉛など、多くのビタミン、ミネラルが含まれているんですよね。

また、野菜も大事ですサンチュを食べれば、ビタミンCも摂れますし、血中のコレステロールを下げてくれるんです。
最近、ちょっと健康オタクになってきました(笑)

食べ過ぎてカロリーオーバーになりやすいことがマズいですね。

焼肉を食べる時には、野菜を一緒に食べること。
冷麺やビビンバは、我慢する!

これでこの冬も、元気に乗り切ろうと思っています。

ランチタイムのお肉では足りずに、別皿でタンも頼みました。

薄切りの牛タンは焼けるスピードがとても早いので、肉が反り返ったタイミングですぐにひっくり返す!
そして、すぐ食べる!
これが最高ですね(笑)

肉の表面で網をなぞるように焼くのがコツ。

最初はちゃんと見ておかないとすぐに焦げてしまうんですよね。

一通り食べて、買い物してこの日は帰りました。
心なしか、体調不良もふっとんだ感じ。
やはり、食欲があるのが一番。
元気に冬を過ごしていきたいものです。


104.jpg

続きを読む: 景気づけに焼肉

残暑バテ解消でうなぎ


残暑が続いていましたね。

こういうときはほとんど食欲がない。

なんというか、やる気が起きないですね~。

ということで、なんとか解消したい疲れがたまっていたので、名店【野田岩】で鰻のコースを満喫してきました。

赤羽橋駅から歩いて5分程のところにあります。

赤羽根橋までタクシー。それから東京タワーを眺めながら散策。

歩いてすぐのところにありました。

実は、本店に伺うのは初めてなので、ワクワクしましたね。

ここは創業200年!

老舗として名高く、外観、店内ともに歴史を感じさせます。

ただ、風格はありますが、格式高いという訳ではなく、気軽に行ける雰囲気がありましたね。

いかにも古い建物は、飛騨の合掌づくりの職人が移築したそうです。パンフレットに書いてありました(笑)


夕方に入店しましたが、かなりにぎわっていて、早くも人気店の雰囲気が伝わってきました。

着物姿の女性に案内されテーブル席に座りました。

せっかく本店に来たので、鰻重だけではなく、いろんなものが食べたくなります。

ということで、志ら焼も頂こうとなり、コースを注文してみました。

昼を抜いてきたので、かなりおなかはペコペコ。

コースはというと、お通し、志ら焼、鰻重(肝吸、香りの物、箸休め付き)の鰻三楽コースに決めました。

暑かったので、まずはウーロンハイで乾杯。

料理を待っていると程なくお通しがきました。

これが絶品!

鰻の旨味が凝縮されていて、それでいてサッパリしています。

次の志ら焼もまた絶品。他のお店で食べたことがありましたが、それ以上の洗練された味わい。

ここに来たらこれは注文しないわけにはいきませんね。

山葵、塩、醤油が添えられていて、山葵と塩で食べる。うまい!

無駄な脂身は落ち、鰻の味・風味や、しっかりとした食べ応えでした。

志ら焼が入ったお重も、ずっと温かいという配慮つき。

おいしいまま頂けるのも嬉しいところでした。

そして、鰻重ですが、これがまず見た目が美しい。
こんがり焼かれた鰻はおもわず写真を撮りたくなりますね。

鰻はふっくらとしていて、タレはサッパリ、醤油と味醂だけの味付け。

いわゆる上品な味付けですが、硬めに炊き上げられているご飯と一緒に食べると、なんとも豪快な感じがします。

そして、香の物。大根おろしも格別の味!

飽きずに最後の一口まで鰻重を堪能しました。

天然鰻の旬である秋、まさにいま。うまい時期です。旬のものは旬に食べるというのが、やはり正解でしょうね~。再訪確定です。

103.jpg

続きを読む: 残暑バテ解消でうなぎ

熱海でのんびり

避暑で熱海倶楽部 迎賓館に友達と行ってきました。

部屋の半露天風呂からの景色が最高で、お湯もちょうど良い湯加減でとても気持ちが良かったです。部屋での夕食もとても美味しくいただききました。ここは特にお刺身がいいですね。生のわさびをすりおろし、いい香りがして、伊勢海老のお造りにも付けていただいたのですが、とても美味でした。

広いお部屋から海が見えて何だかとても穏やかな気分に浸れました。

でも、温泉って実はそこまで好きではありません(笑)

普通の人は、「温泉に行ってきた」と聞くと、疲れが取れていいなぁなと思うでしょう。
でも、実は温泉は疲れるんです。

もちろん精神的には穏やかになります。
しかし肉体的には疲れる場合があるんです。

温泉にゆっくり入ったら眠くなるわけですが、これは疲れるから眠くなるんですね。

カラダへの有効成分の多さが体を疲れさせるのです。
よくいわれる湯あたりは、温泉によって体が疲れさせられたもの。

ちょっと調べたんですが、現在の温泉法では、鉱水1kg中1g以上の含有成分があれば温泉とされます。

温泉の元などと言う入浴剤もありますが、お風呂200リットルに一袋、30g程度なので温泉の成分量には及びませんから、家で入浴しても疲れません。

せっかく温泉に来たからと、長湯すると疲れてしまいます。僕は5分程度の入浴をこまめにするのが良いと思ってます。

マメに動くようにすると、過剰に温泉成分が体に刺激を与えることを回避し、新陳代謝を高め老廃物を排出させやすくなります。

せっかく温泉に来たからと、欲張った入浴はかえって体に負担をかける。

これ、覚えておくといいですよ。

ちなみに今回の宿は連泊させていただきました。持って行った本3冊読破、温泉につかること5回(笑)、そしてゆっくりシエスタ。

また、合間には、予約の時の特典としてついていたケーキをおいしくいただきました。ケーキは1泊目はショートケーキ。2泊目はモンブランでした。両方ともおいしかったです。また、ケーキ付のプランをお願いします。是非、また、行きたくなる宿ですので、お勧めです。

熱海駅着後に、レンタカーで車を借りて現地まで行きましたが、熱海駅裏の山を登って行くのですが、急で狭い道を上らなければダメ。

車の運転に自信が無い方は、タクシーで行った方が良いですかね?。

最初にも書きましたが、景色は最高です。熱海の街と地平線へと続く海が一望できます。小高い山の上の立地とゴルフ場が隣接していますから、遮るものはありません。来年は、熱海の花火大会に合わせて、宿泊しようかなと考えています。

102.jpg

続きを読む: 熱海でのんびり

ユージのお友達

雨の日が続いていますね。
先日、愛車のレクサスで箱根まで行ってきました。
紅葉はまだまだですが、やはり自然が最高です。

パソコンで作業をしてたら、仲間からメールが。
僕の以前から親しくしている人が、とっても素晴らしい商材を発表したので紹介します。

これなんですが、

http://xn--n9j7ff1c4d4kqb5d7899aog3cy14afek.net/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A7%E7%A8%BC%E3%81%90%E6%96%B9%E6%B3%95/


どうでしょうか。
パッと見ただけで、何か他の商材とは違う、と感じますよね。


これは間違いなく本物です。
というのも、かの有名な

http://www.no1-reviewer.com/


こちらの方が推薦しているから、です。


いつも僕を褒めてくださってるゴッホさんも、推薦しています。


http://xn--18j3f788impcy7oh0jwl7a.net/?p=102

これだけたくさんの方に推薦されるのは彼が誠実な証拠、ですね。

沖縄ブログさんと僕は、同じ先生

この方

に習っています。

弟子の中で、この先生に習って沖縄でヤンリタしている人がいるらしい

と、いう話がありました。

まさか彼だったとは。

しばらく会っていませんでしたが、彼はかなり真面目に頑張っていたそうです。
自分は忙しくなったので途中で休会していますが(笑)

この商材は自分もお勧めします。
彼の優秀さ、アイディアの素晴らしさを、よく知っていますから。

それに、彼は用意周到です。
変なものを世の中に出す訳がありません。


きっと自信のある商材でしょう。
ぜひ、気になる人は、試してみてください。


彼は自信家でもあります。
自分に自信を持ちすぎてそれを出し過ぎるとナルシストだと思われてしまいますが、やはりある程度の自信はあった方が良いですよね。

これは余裕のあらわれにもつながりますが、自信があると周りからやはり信頼されます。

普通、自信がありすぎると逆に嫌がられますが、彼は、自信を持ちながらも周りには謙虚な態度で接することができる人です。

彼には謙虚さというより、自分自身に対する厳しさがあると言ったほうが良いかもしれませんね。

これから商材を使って稼ぐなら、まずいろんな体験が必要です。
そのためにも、彼のように出来た人間から、稼ぐ方法を学ぶのが大事ではないでしょうか。

同じ経験をしても、そこから学ぶ人と学ばない人がいますが、この商材ならどんな人でも、稼ぐ力を学べるでしょう。

なぜなら、この沖縄ブログをやっている彼が、「経験から学ぶ力」を持っているからです。
彼の教えを聴けば、どんな人でも結果を出しやすいでしょう。

彼の商材は本物。それだけは間違いないですね。

続きを読む: ユージのお友達

銀座で中華

夏バテ気味だったので、がっつり栄養のあるものをと、中華料理の店に行ってきました。

知り合いの経営者に教えてもらった銀座の筑紫樓です。新橋で電車をおりて、タクシーで降り立ったのは、全体が金色の個室の店でした。

ライオン銀座7丁目ビルの裏手、 ストラータ銀座(ホテルグレイスリー銀座)の地下1階にあります。

調べてみたところ、ここは1978年、恵比寿発のふかひれ屋さんだそうです。 その後、恵比寿店、八丈島筑紫荘、丸の内店、八重洲店を開店し、 2006年に銀座店をオープンしたとのこと。

仕事でお世話になっている億万長者の方の紹介なので、かなり期待していましたが、入り口で圧倒されましたね。なかなか日本で見られる部屋ではありません。個室料は5000円ですが、それ以上の価値があると思いますので、ぜひ気になった方は出かけてみてください。

地下へ下りると、エントランスには巨大水槽。ふかひれや伊勢海老などが並んでいるので、水族館のようです。

奥に入ると、中央のホールの周りに半個室のボックス席があります。分煙になっているようで、煙が気にならず、全体的に良い店内だと思います。

夕方早めに行ったので、他にお客さんはまばらでした。店内は天井も高く、上品な空間です。テレビでタレントが食べていた、大ふかひれの姿醤油煮込み8000円が気になりましたが、とりあえずコースで。総額50000円以上でした。

ちなみにレモンサワー1000円の高さにびっくりしましたが、まあそれくらいの価値があるお店と判断しました(笑)。

メニューを見ると、ここの名物はやはりふかひれ。全部で4種類。100gが8000円と一番安いようでした。

ちなみにふかひれとは一般に、大型のサメの尾びれや背びれを乾燥させた高級食材です。1キロ当たり数万円のも値が付くとか!

使用されるサメは「ヨシキリザメ」「アオザメ」「ジンベイザメ」「イタチザメ」「ウバザメ」等です。この中で、ジンベイザメ、ウバザメが最高級のもので、おそらくこのお店もこれかな?

一般に出回っているものではヨシキリザメが一番多く利用されているようですね。ふかひれの特産地日本では「気仙沼」が産地ですが、水産の技術が優れているのがその要因になっているそうです。

ふかひれ料理の他には、焼きそばやチャーハンといったありふれた料理がありました。でも、これらも非常においしく、名店の名に恥じないものだと思いましたね。

ふかひれで力をつけたので、真夏も仕事が頑張れそうです。

101.jpg

続きを読む: 銀座で中華

ダイエットをしています。

少し体重が気になり始めたので、ダイエットをしています。
高級グルメは好きですが、お肉などは避けていますね。

そんな中でハマっているのが蕎麦屋めぐり。
東京にはいいところがたくさんあります。

よくいくのが、「蕎麦たじま」というお店。
広尾にあります。

よく接待などで使われているようですね。
蕎麦の真価を追求し、香り高く角が立った一品を出してくれます。

蕎麦はもちろん、旬の野菜料理もおいしい。

品のある落ち着いた雰囲気なので、家族の記念日にも好評の蕎麦屋です。

ここの蕎麦は、丸抜きの蕎麦の実から芯を除き、周りだけを石臼で挽いています。
どういうことかといえば、しなやかで角の立った蕎麦になっているんです。

美しい色や、甘味・香りも見事ですね。

僕はもともと、蕎麦と蕎麦湯がとても大好きな少年でした。

中学の頃には自分で蕎麦屋を調べて食べに行き、メモをしていたくらいです。

特に好きなのは邪道ですがカレー蕎麦でした(笑)

ちなみにこのお店、どの駅からも便利ではないです。

ひっそりとしたところにあります。

散歩の目的地としての蕎麦屋という感じで、またいいですね。

看板はあまりにも控えめ。中休みや開店前に訪れたら、うっかりすると見落としてしまうでしょう。

清潔感があり、またどこかBarのような魅力もあります。

うるさい町から離れて、綺麗な空気のなかでのんびりしたいと思ったら、ここは本当にオススメです。

ダイエットですが、夜9時過ぎてからの食事は「食べ方」を工夫するといいといいますね。

夜遅く食べると、寝るまでの時間が短いため、十分にエネルギーを消費できずに余ったエネルギーが脂肪になります。

体内には脂肪を溜め込む働きのある「ビーマル1」というたんぱく質があり、24時間周期で動いています。

「ビーマル1」は日中は低く、夜9時を過ぎると増えるんです。

つまり、夜9時過ぎてから食べたものは、脂肪として体に蓄えられやすい。

できれば9時までに食べ終えるのが理想的ですが、なかなかでそうもいかないという毎日で...。

よく噛んで30分以上かけて食べる、これがいま、自分が気をつけていること。

噛むことによって脳に指令が伝わり、神経ヒスタミンが出るんです。

この物質には、食欲を抑えたり、体脂肪を分解する効果がある!

また、ゆっくり食事をすることは食べ過ぎの防止にもなります。

おいしいものが好きですが、そのための努力は怠ってはだめですね。

おいしい蕎麦をゆっくり食べていると、本当に幸せな気持ちになれますよ。


100.jpg

続きを読む: ダイエットをしています。

レクサスの試乗

クルマを買い替えようと思い、懇意にしているラウンジに行きました。

気になるのはレクサスです。
レクサスと聞くと、「高級車」とか「ただ高い」など、そういうイメージしか持ってない人もいるでしょう。
でも、やはりい憧れですよね。

日本式のおもてなしを取り入れた販売で「ただ値段が高いだけ」と思われがちですね。
実際ネットでは、レクサス車は「割高」と揶揄されがちです。

でも、意外と知られていない魅力もありますよ。

まず、ナビはリアルタイムに自動更新してくれるっていうこと。

普通は、ナビは何年かに一度、DVDなどのメディアを使って更新しますよね。

更新には費用がかかり、国産車では数千円、輸入車では4万円くらいかかります。

ディーラーに行って車を小一時間預けなくてはならなかったりするのもダルい。

しかし、レクサスでは「G-Link」という通信サービスがあり、なんとナビは自動更新。
細かい一般道も対応していますので、新しくトンネルが開通して短縮された道なども即時反映です。

特に手続きなどは必要なく、「地図データが更新されました、地図更新ボタンを押してください」とナビが案内してくれるのを待つだけ。
地図の更新データを半年おきで待たなくても、随時更新ですので、ナビに遠回りさせられるなんてこともありません。
驚くべきことに、最近のレクサス車では、道路だけでなくお店の情報も更新されるようになりました。

また、レクサスの通信サービス「G-Link」の機能として、「オーナーズデスク」というものがあります。
車載の通信機能を使って、24時間365日、レクサス専用のオペレーターにボタンひとつで繋がります。
相手は人間なので、ちょっとワガママな注文でも丁寧に対応してくれます。
個人的にはこれがすごいと思っていますね。

例えば、「箱根でうまいステーキ屋さんにお店に行きたいんだけど」と言えば、オペレーターが探してナビに目的地設定してくれます。
運転中は通常ナビ操作ができないのが普通ですが、オーナーズデスクを使えば移動しながらでもオペレーターが目的地設定してくれます。

場所や名前があいまいでも調べてくれますし、「このへんの美味しいお店」「近くのスパ」など、ざっくりしたリクエストにもちゃんと調べてくれます。

あと、万が一、車が事故を起こしたときにもエアバッグの起動でヘルプネットが起動し、オペレーターがすぐ対応してくれます。

自分で動けない場合は、車のGPSのデータから救急車を現地へ向かわせてくれるそうです。
「レクサス車に乗っていたから助かった」、という事もありそうですね。

3年目まで半年ごとにオイルを無償で交換してくれますし、エアコンのフィルターやワイパーブレードなどは1年おきに無償交換してくれます。

レクサスは、だいたい350万円から。

安くはありませんが、レクサス以外の車でもオプションをいろいろ付けてしまうと同じくらいの価格になるし、実はお買い得かもしれません。

例えばスズキなどでは通常オプション扱いのナビやETCなども、レクサスでは標準装備ですからね。

次のクルマ、いま悩んでいるところです。

99.jpg

続きを読む: レクサスの試乗

銀座のうかい亭にいきました

銀座でカバンと名刺ケースを買ってブラブラ。
友達が行きたいというので、銀座のうかい亭に行ってきました。

お店に入ると店内は昔の洋館の様なイメージです。
一応、予約をしましたが、名前を伝えると広々とした個室に案内されました。

部屋の真ん中には鉄板。豪華です。
それを囲むような形で席が並べられています。
4人で予約したのですが、かなり広いところに通されました。

着席してしばらくすると担当のシェフが登場。いつもの方で安心できます。
話していると平目に紅芯大根やエンダイブといったカルッパチョ風の前菜が出されました。
見た目がきれいなのはもちろんのこと、さっぱりとしていてとても美味しい!
隠れたからすみの風味も良いです。

うかい亭はとにかく部屋の作りが素晴らしいです。

独自の様式美、物語のある空間です。

長い年月を経て風合いを増した建物も多いですね。

銀座は比較的都会の様子ですが、地方のうかい亭は本当に歴史を感じます。

年月をかけて深みを増した、本物の太い柱が醸し出す味わいが素晴らしい。

どのお店も明確なコンセプトとテーマを持つことで、周囲の風景とも調和する、物語性のある世界があります。

さて料理のほう。

続いてスープ、ポワソン、ヴィアンドと出てきます。

これ、食器が全部有田焼です。こだわっていますね。

ポワソンは大振りホタテを目の前でじっくりソテー。
ソースのちょっとした酸味があるしっかりした味が舌に残ります、

メインのステーキはロースのお肉です。レアの焼き加減でお願いし、塩で頂きます。
ちなみに自分はサーロインが好きです。
サーロインは牛肉の中で唯一、貴族の称号・サー(sir)が与えられた牛肉の部位。
バランスのよい旨みとやわらかさで味も最高、オススメの部位です。

次はフィレですかね。

牛一頭からおよそ3%しかとれない貴重な部位で、とてもやわらかく味も最高。
火を通し過ぎると、折角の肉のやわらかさと旨みが損なわれてしまいます。
これは火を通しすぎず調理するのがいいですね。

もちろんうかい亭のロースは絶品でしたよ。

食事のガーリックライスと赤だし、最後のデザートは場所をかえて頂きます。
この日はカスタードのプリンを注文。濃厚なバニラの香りが印象的でした。

ここに来ると、また頑張ろうという気持ちになります。
全国の飲食店のトップ1割に入るお店ですからね。
自分もそれに似合う大人になりたいものです。

お土産を買おうと思いましたが、荷物が多いのでヤメ。
また行きます。

98.JPG

続きを読む: 銀座のうかい亭にいきました

正社員年収 購入者様のご感想です。

「正社員年収」http://www.okanemoti-navi.info/blog/2014/11/post-83.php
の購入者様のご感想です。

初めまして、ユージさんの商材を購入した
30代前半の正社員サラリーマンです。
いつもブログを読ませて頂いているユージさんが、
情報商材を販売するということで購入させて頂きました。

購入に当たって、まずセールスレターを読んだ際の率直な感想なのですが、
「えっ、20代後半の正社員って平均でこんなに稼いでるのか・・・」でした(苦笑)
まあ自分は平均より大分下の収入だったんだな、と。
そんな自分の年収以上を稼げる!と謳っている商材、気にならずにはいられませんでした。
今までいくつか情報商材を購入しましたが失敗が続いていたので、
悩むところもありましたが、熟考の結果、販売から数週間後に思い切って購入することにしました!

そして手続きを済ませて商材が届きます、商材はPDFデータですので
手続きが確認され次第すぐに届きます。
実際に情報を確認、セールスレターには例としてぷよぷよが出ていますが、
読み終えた際、これは本当に簡単に実践できる商材だと思いました!

私が今まで失敗した原因の一つとして、
「簡単に実践できます。」と謳っているものの、
右も左もわからない人間からしたらそれでも簡単ではない、というような商材もありましたが、
この商材は実践に当たってほとんど覚えるようなことも無く実践可能だと思います。
ハードルはかなり低いと思いますので必要なのはやろうとする気持ち、だと思います。

そして最初に必要になる手続きはその日のうちに。
こちらはサイトの検索、登録などで小一時間程で完了しました。

あとは後日、資料に紹介されている参考文献を購入。
こちらは私が全くの素人ですので購入しましたが正直無しでも出来る人は多いと思います。
初期費用はこの参考文献くらいなので、
初期費用無し、すぐに実践も不可能ではありません。

個人差の出ますが収入の話もしたいと思います。
どうしても避けて通れないのですが、
実践にはある程度まとまった時間が必要になります。
私の場合は、スタートが年末ということもあり、
平日は仕事で朝7時〜夜22時まで実質的に拘束時間になりますので、
平日は下準備程度の作業しかできませんでした。

私が最初の実践で得た収入は3000円。
私の場合は最初の月で15000円ほど収入にできました。
回数を重ねるごとに収入は増やせると思います。
そして現在3ヵ月半ほどで、最初の商材代が回収できる程の稼ぎになりました。
かなりスローペースだと思いますので、
もう少し時間が取れる方はもっと早く稼げると思います。

また、個人的な意見になりますが、
金銭面での収入以外にも得るものがあり、
その点でも満足できる商材になりました。

これからは完全に収入になるので、引き続き実践していきたいと思います。
稼げる商材を案内いただき、ありがとうございました。

続きを読む: 正社員年収 購入者様のご感想です。

フリーターの収入

さて、最近のビジネスは好調です。

「正社員年収」http://www.okanemoti-navi.info/blog/2014/11/post-83.php
のご購入ありがとうございました。
この場で恐縮ですが、お礼を述べさせていただきます。

最初にお客様の声を紹介させていただきますね。

少し長くなるので独立ページとして公開しました。

正社員年収 購入者様のご感想です。http://www.okanemoti-navi.info/blog/2015/04/post-96.php


2014年下半期の実績としては、10名の方に買ってもらいました。

そのうち5名の方は月収40万円を超えました。

2名は月収20万をこえました。

1名はそれ以下の収入。

これはめちゃくちゃうれしいです。
すぐに結果を出してもらうことが、一番ですから。

ただ、残念ながら2名は連絡がつかず。
病気されたとか、パソコンの不調か何かでしょう。

こういう方もずっと気にしています。
気長に待つことにします。

もちろん、僕のビジネスは、レアビジネスなので世の中に広く広めるつもりはありません。
突然販売終了するかもです。

先行者利益がなくなったら、せっかく最初に買ってもらった人が損をしますからね。

もし、検討している人がいたら、今のうちに早目に検討してください。


この半年は、いろいろ出会いがありました。
「ネットビジネスでもっと成功したい」という思いのまま、いろんなところへ出かけたわけです。

やっぱりアンテナをはっておくとひっかかるんですね。

セレンディピティ(serendipity)って言葉知ってますか?

セレンディピティ(serendipity)とは、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉。

何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見する「能力」のことです。
偶然をきっかけにひらめきを得、幸運をつかみ取る能力のこと。

自分の願望が強いと、それを引き寄せるための何かを、自分でつかみにいくことができます。

「棚からぼたもち」ではない。
一生懸命に努力した結果、得られる素敵な偶然がもたらすものですね。


たとえば発明者や発見者。

彼らは経験や知識、実行力もさることながら、「注目すべき出来事が起きたときに、そのことに気づいた」ことによって、すべてが始まっているわけで。

僕もそれに近いことが起きたな、と思っています。

稼ぐ人ってのは、オフの日でも仕事のことを考えているそうですよ。
それが楽しいからできるわけですね。

逆に、稼げない人は完全に仕事を忘れます。
遊びに行ったり、無料の動画を見たりして、ぼーっとしています。
それって人生の時間の浪費ですよね。

男にとって、趣味とか家族とかっていうのは、束の間の休息であるべき。

あくまで、仕事がメインでなければなりません。

この辺の認識を改めないと、一生他人に使われるだけのつまらない人生でしょうね。

まあ、話がそれました。

正社員情報商材を購入された井上さん(仮名)の縁で、プログラムを勉強しているインド人留学生(東大に留学中。)と知り合いました。

彼とは、ネットビジネスのことを話していて意気投合して、

『それなら自分にもビジネスのネタがある。自動で収入が入るソフトを開発した!』

と、片言の日本語で言いだしたのがきっかけです。

このインド人は平和主義で有名なマハトマガンディーにそっくり。
性格はとっても穏やかです。

私たちの間ではガンディーとあだ名がつけられています。
初対面の人にもこのあだ名で呼ばれますし、それくらい人に好かれています。

彼はプログラミングコンテストで入賞したことのある実力者なんですね。かなり僕もリスペクトしてます。
今はスマホアプリのベンチャー企業の設立準備中とのことで、毎日が忙しそう。

声による指示で、パソコンを動かすことができるソフトを開発しているベンチャーです。

例えば、スマホでタイマーを設定することについて。

これっていくつもいくつもボタンを押さなければいけないので、お年寄りにも面倒です。

でもこのソフトが完成すると、例えば、
『朝7時にショパンの別れの曲を!それまでは音ならないように!』
と電話にはなしかけるだけで、そのように設定されるのです。

まさにバックトゥザフューチャーの世界!(笑)。

それ以上は特許に関わってくるので言えませんが、とにかく実力のある人間です。

立案者なので取り分はガンディーが6割、井上さんと私が2割りづつです。

この三者で、ソフトを開発し、売ることにしました。

名付けて

『フリーターの平均月収ソフト』

です。

ここでいうフリーターの平均月収とは、20万円をさします。
だいたいこれくらいが、フリーターの平均月収ではないでしょうか?

この金額が毎月自動で振り込まれるソフトです。

これは実際に四か月ほど収益がで続けたので、実績はあります。

1か月目 2万
2か月目 10万
3か月目 16万
4か月目 22万

(千円未満切り捨て)

~リスク表記~

●この数字はネットビジネスの達人である私たち3人による最高の実績なので、初心者の人は割り引いた数字でお考え下さい。

●下準備に毎週数時間と、数千円か1万円前後ぐらいの初期費用がかかるかもしれませんことをご了承ください。

●ただ、ビジネスですから、必ず稼げることは保証しません。
ウインドウズのパソコン・タブレットであればどのパソコンでも動作します。
マックは動作しませんのでご注意ください。
仮にウインドウズでも動作しない場合返金いたしますから、ご安心ください。


ソフトは簡単に動作します。
難易度は、ぷよぷよを全然やったことがない人が、6,7連鎖できるようになるぐらいのもの。
つまり、一日しっかり勉強すればできます。
やるかやらないか、それだけ。やった人はしっかり稼げます。

このソフトは、いわゆる株などの投資ソフトではありません。

あと、ブックメーカーやギャンブルでもありませんからリスクほぼなしです。

先ほども書いたようにソフトは簡単に使えます。クリックだけで使えます。
初心者にもわかりやすい説明書付き。さらに、自己アフィリエイトではありませんから、やはり自分の出資も必要ありません。

どこにも売っていないソフトです。私たち三者の完全のオリジナルですから、類似商品はありません。

もちろん努力次第でフリーターの平均月収以上を稼ぎ出すことは可能です。

「稼げなかったらどうするの?」という不安もあると思いますので、18万円を稼ぎ出すまでは無償でサポートをさせていただきます。

それ以降は、50万円の収入ごとに20万円の料金で、サポート対応させていただきます。

随時バージョンアップしますから、ソフトのバージョンが変わった場合でもご安心ください。

ソフトはインターネットからダウンロードしていただきます。
つまり、購入のその日から使用できます。

ソフト起動以外にも下準備が必要になるのですが、それほど時間はかかりません。
ちょっとした空いた時間で対応できます。

下準備が終わったらあとは自動でフリーターの平均月収が入金されますので、それを確認するだけです。

工夫次第では、ソフトを起動して、2~3時間の下準備終了後、放置。

また、最初の月から10~20万円稼ぎだすことも可能です。

銀行口座に入金されますので、できれば専用の口座を作っておくと良いです。


限定販売です。値段は18万円です。
http://www.okanemoti-navi.info/blog/2014/11/post-83.php』と同時購入の場合は2万円割引します。

まずやってみたいと思った方は、ご連絡ください。

http://goo.gl/forms/iaHKzj0SJI

「本当に大丈夫かな?」と思う方の気持ちはよくわかります。

でも、自分の経験上、お金稼ぎの不安や問題は、大抵やってみればなんとかなるものです。

考えるよりも実際にやってみることを自分がいつもオススメするのは、実際のメリットが大きいからです。

ビジネスというのは、いつも順風満帆に行くワケではありません。

大きな壁が立ちはだかることもあるでしょう。

しかし、そんな時にまずは考えようと足を止めてしまうとダメ。

仕事においての不安は、大抵、取り敢えず何とかしようとやってみれば何とかなってしまうものなのです。
とりあえずやってみる、それくらいの大胆さと稼ぎたい意欲がある方と、お会いできたらうれしいですね。

※ユージのサイトでは相互リンクを募集しています。
もし、ブログを持っている人がいたら、スペースの関係があるので今のうちに早目に検討してください。


副業博士様 http://hakase-abaku-2010.com/

続きを読む: フリーターの収入

ケンゾーエステートでワイン

数年前に友達の経営者と訪れたお店、ケンゾーエステイトに再訪しました。

JR恵比寿駅からタクシーでワンメーターちょっと? 
いろんな行き方があります。

ケンゾー・エステイト直営のテイスティングバー&ワインショップです。

この地域にはワインレストランが多いですが、どこにも負けないレストランとして立派な構えで、雰囲気は申し分ありません。

この日は、

asatsuyu 2007 グラス \1,700
rindo 2006 グラス \1,500
ai 2006 \3,500

こんな感じでワインを頼みました。

お腹が空いていたので、ここの名物のカレーと和牛の肉じゃが 山椒風味 (\1,200)を合わせてオーダー。
めちゃくちゃな食べ合わせですが、空腹なので何でも美味しかったですね(笑)。

以前にここに来た時は、自分はまだまだほんの子供というか、世間知らずでした。

今もまだまだですが、当時に比べれば少し大人になったかな、という感じです。

ところで、ケンゾーエステートワイナリーの直営店は六本木にもできました。

でも都会のうるさい感じを避けるなら、やはり本店でしょう。

ここはガラス張りで開放感あふれる店内で、それでもかなり静かな感じ。

このお店の主役は料理ではなくワイン。

ワインをじっくり味わいたい人にオススメです。

ここはゲームでお馴染みのカプコンの社長のお店。

ワイン好きが高じて自分でワイナリーを営むにまで至ったわけです。

週末は、店内は満席のことが多いので、予約はお早めに。

最近は健康を考えて、ワインを飲むことが多いです。

ワインはブドウに含まれている成分をほとんどワインの中に取り入れているので、栄養満点。

ミネラル、ビタミン、ポリフェノール、が含まれており、体内の抗酸化作用、血圧降下、殺菌作用、抗ガン作用等があります。

健康オタクになっていきますね(笑)。

特に熟成した高級ワインには通常のワインと比べ、特に多くの有効成分が倍加されているそうです。

古いワインは「ビンテージワイン」と言われますが、長期貯蔵ワインは、分子の高分子化が進み、高級アミノ酸があります。

高分子化はポリフェノールと同じ働きをしますので、これはポリフェノールと合わせ、糖尿病予防に効果があると言われています。

加齢と共に糖尿病への恐怖がある自分にとっては、かなりありがたいですね。

ビールで一気飲みもいいですが、いい大人になりましたし、自分は高級ワインを少し飲むのが健康にとって一番良いと思います。

97.jpg

続きを読む: ケンゾーエステートでワイン

当サイトについて